蟹江栄司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
かにえ えいじ
蟹江 栄司
プロフィール
本名 蟹江 栄司[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府東京市(現:東京都江東区[2]
死没地 日本の旗 日本東京都渋谷区恵比寿[3]
生年月日 (1941-11-21) 1941年11月21日
没年月日 (1985-10-13) 1985年10月13日(43歳没)
血液型 O型[4]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)[5]
配偶者 あり[3]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 179 cm / 74 kg
活動
活動期間 1971年 - 1985年
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

蟹江 栄司(かにえ えいじ、1941年11月21日[4] - 1985年10月13日[3][5][6])は日本声優俳優ナレーター東京府東京市(現:東京都江東区)出身[2]青二プロダクションに所属していた[5]

来歴・生涯[編集]

東京電機大学高等学校卒業[1]後、喫茶店のボーイや花屋の店員などを経て、30歳より声優に転向[2]東京アナウンスアカデミー(現:東京アナウンス・声優アカデミー)卒[7]。楡プロダクション[8]を経て最後は青二プロダクションに所属していた[5]。数々のアニメで重要な役柄を演じた他、深夜ラジオ番組のDJパーソナリティーバンダイポピーなどの玩具会社をはじめとする数多くのCMや、テレビアニメナレーターや洋画の吹き替えを務めた。

1985年10月2日東京都港区のスポーツジムでトレーニング中に突然倒れ、東京都渋谷区恵比寿にある東京都立広尾病院[3]に運ばれたが意識は戻らず、同年10月13日に急性クモ膜下出血により43歳で死去[2]

死去から2週間後の1985年10月27日、『キン肉マン』第110話Aパートのサブタイトルが「ラーメンマンは死なず!」に急遽変更されて放送された。スタッフによると最後のラーメンマン(同時期にキン肉マンの師プリンス・カメハメも担当していた)を演じた蟹江に対する追悼の意をこめたサブタイトルだという。また、この日は蟹江の告別式が営まれた日でもあった。

大の子供好きであり、仕事休みには近所の公園で当時小学生の息子、幼稚園入園前の娘と遊んでいる姿を目撃されていた。仕事で多忙の中でも、小学校PTA会長も務めていた。死後も東京都大田区久が原二丁目にある自宅によく、息子の友人たちが「ラーメンマンのおじさんに」と、焼香へ訪れることが多かったという[2]

人物[編集]

特技はスペイン語[9]、スペイン舞踊[1]

後任[編集]

蟹江の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
佐藤正治 初代キン肉マングレート キン肉マン キン肉マン ジェネレーションズ
銀河万丈 ラーメンマン 『キン肉マン』第130話
小野健一 キン肉マンII世
東條大輔 マダラ 北斗の拳 北斗の拳 世紀末救世主伝説
田中大文 ジード
柴田秀勝 劇場版北斗の拳
石塚堅 パンチマニア 北斗の拳
木村雅史 デビルリバース
今村直樹 『北斗の拳 世紀末救世主伝説』
大友龍三郎 フラナガン・ブーン 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 機動戦士ガンダム ギレンの野望
ブリタイ・クリダニク 超時空要塞マクロス スーパーロボット大戦α
大塚明夫 超時空要塞マクロス2036
玄田哲章 超時空要塞マクロス 永遠のラヴソング
岡部政明 ナレーション 六神合体ゴッドマーズ 『六神合体ゴッドマーズ 十七歳の伝説』

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

1975年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年

劇場アニメ[編集]

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年

OVA[編集]

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • ミッドナイト・パートナー(北海道放送) ※水曜・土曜を担当
  • レッツ・ゴー歌謡曲(中部日本放送) ※水曜・木曜を担当

ナレーション[編集]

CMナレーション[編集]

その他[編集]

  • キン肉マン 超人大全集(セリフ)
    • カンフーファイター(ラーメンマンのテーマ)
    • アジアの狼(モンゴルマンのテーマ)
    • 偉大な魂(キン肉マングレートのテーマ)
  • ゴジラ「メイキング・オブ・ゴジラ」(ナレーター)
  • ビデオ図鑑 日本の野鳥 上・下(ナレーター)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑(1985年版)』VIPタイムズ社、1984年、67頁。
  2. ^ a b c d e 朝日新聞1985年10月26日23面「街まち ラーメンマンは死なず」(朝日新聞縮刷版1985年10月号p.1031)朝日新聞社
  3. ^ a b c d 朝日新聞1985年10月14日21面「訃報 蟹江栄司さん」(朝日新聞縮刷版1985年10月号p.525)朝日新聞社
  4. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、43頁。
  5. ^ a b c d 蟹江 栄司”. 青二プロダクション. 2020年1月15日閲覧。
  6. ^ 蟹江 栄司とは”. 2020年5月29日閲覧。
  7. ^ 「情報VOICE TOPICS 訃報」『アニメージュ』1985年12月号、徳間書店、1985年11月、 183頁。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1983年版)』VIPタイムズ社、1982年、66頁。
  9. ^ 『日本タレント名鑑(1982年版)』VIPタイムズ社、1981年、61頁。
  10. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  11. ^ 超時空要塞マクロス”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。
  12. ^ a b c 中山基編「『キン肉マン』ヒストリー」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、30-31頁。
  13. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。