蟹江邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蟹江 邦彦(かにえ くにひこ、1906年明治39年)4月26日[1] - 1985年昭和60年)3月6日[1][2])は、昭和期の労働運動家、実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

愛知県出身[1]。1923年(大正12年)京都市稲荷自動車学校を卒業[2]京都市で、貨物、旅客、自動車修理事業などを経営した[2]

全京都自動車消費組合常務理事、京都高級タクシー重役、興亜自動車工業重役、三光自動車工業重役などを務めた[2]。また、全京都金属労働組合連合会委員長、京都府労働委員、同府公職適否審査委員なども務めた[2]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙京都府地方区日本社会党公認で出馬して当選し[3]、参議院議員に1期在任した[1][2]。この間、参議院人事委員長などを務めた[2]。その後、第3回通常選挙に立候補したが落選した[4]

その他、葵タクシー代表となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』170頁。
  2. ^ a b c d e f g 「カニエ邦彦」『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』277頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』480頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』481頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。