蠣崎季広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
蠣崎季広
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正4年(1507年
死没 文禄4年4月20日1595年5月29日
改名 卯鶴丸(幼名)→季広
別名 彦太郎
官位 若狭
氏族 蠣崎氏
父母 父:蠣崎義広
兄弟 季広、高広、厚谷季政室、明石季衡室
正室:河野季通娘・伝妙院
南条広継正室(長女)、舜広明石元広松前慶広吉広守広下国師季正室、小平季遠室、安東茂季室、ほか

蠣崎 季広(かきざき すえひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名蝦夷(現在の北海道)を支配した蠣崎氏の第5代当主。旧字体では季廣

生涯[編集]

永正4年(1507年)、第4代当主・蠣崎義広の子として誕生。父・義広が天文14年(1545年)に死去した後、家督を継ぐ。その際、季広の従兄弟・蠣崎基広が不満を持ち謀反を起こすが、季広の家臣・長門広益に鎮圧されている。

父の時代からアイヌと対立し、抗争を繰り返していたが、季広は父の政策から転換して天文18年(1549年)(もしくは天文20年(1551年))にアイヌの首長である東地のチコモタイン及び西地のハシタインと和睦し、道南地方の支配権を確立した。家臣団の編成やアイヌとの交易権の独占により蠣崎氏の強化を図った。なお、この和睦については前年に蝦夷地入りし、和睦に立ち会った安東舜季の主導によるものという説がある[1]

しかし、この頃の蠣崎氏はまだ安東氏の支配下にすぎなかった。そのため、季広は安東氏の要請に応えて度々兵役の負担を強いられている。一方で季広は13人の娘達を安東氏のみならず奥州の諸大名と娶わせて姻戚関係を作り、系譜上安東氏と対等の関係に立とうとしたとも見られている。

天正11年(1583年)、三男の慶広に家督を譲って隠居する。松前藩史『新羅之記録』によると慶広が豊臣秀吉の直臣となったことを喜び、「自分はこれまで檜山屋形(安東氏)に仕えてきたが、おまえは天下の将軍(原文ママ)の臣となった」と言い、息子を伏し拝んだと記載されている。名実とともに独立大名になったのは豊臣政権下だが、その下地は季広が築いたといえる。

文禄4年(1595年)に死去。享年89。

系譜[編集]

  • 父:蠣崎義広
  • 正室:伝妙院(河野季通の娘)
  • 生母不詳の子女
    • 長女:南条広継正室
    • 次男:明石元広(明石季衡の養子)
    • 四男:随良(法源寺住持
    • 五男:正広(正広系蠣崎家初代)
    • 六男:長広(蠣崎定広、長広系蠣崎家初代)
    • 七男:定広(蠣崎信広、但馬守)
    • 八男:包広(与三郎、典三郎)(早世)
    • 九男:吉広(吉広系蠣崎家初代)
    • 十男:仲広(助五郎)
    • 十一男:守広(忠広、広勝、守広系蠣崎家初代)
    • 十二男:員広(景広、主水助、員広系蠣崎家初代)
    • 十三男:貞広(右衛門大夫、兄:正広の養子)
    • 女子:下国師季
    • 女子:喜庭季信室
    • 四女:小平季遠
    • 女子:厚谷季貞室
    • 女子:安東茂季
    • 女子:村上忠儀室
    • 女子:神浦季綱室
    • 女子:下国重季室
    • 女子:下国直季室
    • 女子:佐藤季連室
    • 女子:村上直儀室
    • 十三女:新井田広貞室

家臣[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海保嶺夫 『エゾの歴史』 講談社、1996年。ISBN 4062580691。