血は水よりも濃い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

血は水よりも濃い(ちはみずよりもこい)は、ことわざの一つ。「血は水よりも濃し」「水は血にならない」ともいう。血の繋がった血縁者同士の絆は、どれほど深い他人との関係よりも深く強いものであるということ。

概要[編集]

親子兄弟姉妹などの血縁のある間柄は、他人よりも絆が強いことの喩え[1]。英語では同様の意味の諺としてBlood is thicker than waterがある。

アラブの血縁主義[編集]

アラブ地域では社縁や地縁より血縁の関係は第一に尊重される傾向が強い。クルアーンでは自分の血を引く子供ではない養子は認められないこと[2]、信仰上の仲間よりも血縁者同士の絆の方が強いこと[3][4]、血の繋がりを軽視するのは罪であること[5]が書かれている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『成語大辞苑―故事ことわざ名言名句』主婦と生活社、1995年、769頁
  2. ^ クルアーン33章4節
  3. ^ クルアーン8章75節
  4. ^ クルアーン33章6節
  5. ^ クルアーン47章22節

関連項目[編集]