行政改革実行法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

行政改革実行法案(ぎょうせいかいかくじっこうほうあん)は、民主党の行政改革調査会が「消費税増税の前に徹底的な行政改革を行う」として、通常国会で提出を目指していた法案。

主な骨子案は以下のとおり。[1]

執行体制[編集]

具体的な歳出削減策の内容[編集]

  • 各府省における調達改善計画の作成
  • 競り下げ方式を中心とした歳出削減の実行
  • 調達における競争性および透明性の確保
  • 国有資産などの売却
  • 国家公務員の総人件費2割削減を目標として速やかに検討
  • 総合評価方式の再検討
  • 予算・決算の透明化

脚注[編集]

  1. ^ [1]行政改革実行法案の骨子素案(原文)
  2. ^ [2]閣議決定
  3. ^ 読売新聞2012年12月27日夕刊3版2面