行方バーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
行方バーガー「なめパックン」

行方バーガー(なめがたバーガー)は、茨城県行方市ご当地グルメである。2009年平成21年)に初登場した。

概要[編集]

2009年1月25日に販売を開始[1]した、行方の新名物として企画されたハンバーガーである。行方市麻生商工会を中心に開発した。霞ヶ浦養殖しているアメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)をパティに使った「なめパックン」などのユニークなハンバーガーで注目を集め、多方面で紹介されている。

種類[編集]

アメリカナマズ
セリ
1.なめパックン
霞ヶ浦で養殖されたアメリカナマズのカマ肉(びれの付いている部分)を中心に玉葱蓮根を加えたパティを使用。天然物とは違い、養殖ナマズには生臭さがない[2]タルタルソースと1振りのチリソースで味付けする。ほか、わさび菜・レタスきゅうりトマトをサンドしていて、1個500円。
2.ぶたパックン
パティは茨城県産の豚肉玉ねぎを使用したメンチカツケチャップソースで作った「行方特製ソース」で味付けした。サンドする野菜はなめパックンと同じで、1個380円。
3.こいパックン
霞ヶ浦産のを特製ソースで味付けしたパティを使用。わさび菜・水菜・玉葱をトッピングする。「こいこい」のみで販売、1個400円。
4.かもパックン
地元合鴨農法で育った鴨肉と鶏肉をミックスし、てりやきソースで味付けしたパティを使用。トッピングにはセリや練り梅を使用する他、酢バスや黒コショウでアクセントを加えている。「こいこい」のみで販売、1個500円。

販売店[編集]

2009年9月現在、以下の2店舗で販売している。

  • 行方市観光物産館こいこい
  • ミート&フーズ旭屋
    • 行方市麻生商工会のアンテナショップとして2009年1月25日に開店[1]。当日は行方バーガーの完成発表会を兼ねていた[1]。所在地は行方市麻生1135-17。

歴史[編集]

霞ヶ浦に面した行方郡(現・行方市)周辺では、1975年昭和50年)頃からアメリカナマズが食用として養殖されてきた。しかし、2000年平成12年)頃には養殖場から逃げ出したアメリカナマズが湖内で繁殖し、エビハゼを食い荒らすようになり、地域の人を困らせていた。

このような中、2005年(平成17年)9月2日に行方郡3町(麻生町北浦町玉造町)が合併して「行方市」が発足、行方市麻生商工会では新市の名物が検討された。そこで、話題性も十分なアメリカナマズを使うことが決定し、経済産業省の補助金を原資に「ナマズの薫製」を開発した。

ナマズの薫製は成功を収め、商品価値を確信した同会は、若者向け商品として「なめパックン」を作ることを決意する。開発には3か月を要し、2009年(平成21年)1月25日に「ぶたパックン」と合わせて行方バーガーの販売を開始する。

同年3月1日には、道の駅たまつくりのレストラン「玉水苑」の料理長が自店の「鯉のポタポタ焼き丼」の味付けをもとに開発した新商品「こいパックン」を発表した。鯉を材料に利用したのは、霞ヶ浦の地場産業である鯉養殖に光を当て、鯉の消費拡大を図るためである[茨城新聞ニュース]。

同年11月21日、行方バーガー第4弾となる鴨肉を使った「かもパックン」を発表、「こいこい」にて販売を開始した。行方市商工会の推進する「全国展開プロジェクト」の一環として、「次世代の食文化創造プロジェクトチーム」が商品を開発。鴨肉や、練り梅、地元産のセリを使用するなど、地域の歴史文化と食文化の融合を目指して開発された。

評価[編集]

行方バーガーを販売する「こいこい」では、週末には日本全国から客が訪れ、1日に150個を売り上げる人気商品になっている。

参考資料[編集]

  • 茨城新聞朝刊鹿行A版2009年2月28日付け記事「行方バーガー第3弾「こいパックン」食べて」(電子版
  • 中日新聞朝刊2009年8月1日付け記事「アメリカナマズのバーガー(茨城県行方市)」(電子版
  • 行方バーガー 新商品登場!(行方市商工会発行のチラシ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 行方バーガー☆いよいよ今日からスタート☆完成発表会と試食会を午後2時から開催☆(行方市麻生商工会公式ブログ)
  2. ^ 中日新聞:味ある記

関連項目[編集]