行橋ラジオ中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行橋ラジオ中継局(ゆくはしらじおちゅうけいきょく)は、福岡県行橋市にあるRKB毎日放送及び九州朝日放送AMラジオ中継局。

概要[編集]

京築地域は北九州市からも離れていたため、AMラジオ放送を良好に受信することが困難であった。そこで、RKBとKBCは、まず試験局として設置し、その後、北九州局の中継局として正式に開局した。このため、県内のAM局で唯一コールサインが無い。

現在に至るまでAMステレオ放送は非実施。当初はRKBが今井地区、KBCが文久地区(行橋総合公園)に設けていたが、RKBが設備の老朽化もあって最終的にKBCの設備に統合。現在は両社で設備を共用している。

開局年月日[編集]

  • 1960年(昭和35年)10月1日  RKBラジオ開局
  • 1962年(昭和37年)10月1日  KBCラジオ開局
  • 2003年(平成15年) 4月22日 老朽化によりRKBラジオが現在地に移転

置局住所[編集]

行橋市大字今井字文久3670-1

周波数・出力[編集]

周波数・出力・設置形態は大牟田ラジオ中継局と同一。
周波数
(kHz)
放送系統名 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
1062 RKBラジオ 100W 福岡県 -
1485 KBCラジオ -

なおNHK北九州放送局は第1・第2いずれも当地にAM中継局を置いておらず、周辺局を受信。

放送区域[編集]

関連項目[編集]