行殺・新選組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「行殺♥新選組」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
行殺・新選組
対応機種 WINDOWS95/98(元)
WINDOWS95~XP(FRESH)
発売元 ライアーソフト
ジャンル ADV
発売日 2000年4月28日(元)
2002年8月2日(FRESH)
レイティング 18禁
キャラクター名設定
エンディング数 ?
セーブファイル数 ?
ゲームエンジン ?
メディア CD-ROM2枚組
画面サイズ ?
BGMフォーマット ?
キャラクターボイス なし(元)
あり(FRESH)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード ?

行殺♥新選組』(ぎょうさつ しんせんぐみ)は2000年(平成12年)4月28日ライアーソフトから発売されたアダルトゲーム

2002年(平成14年)に音声と新規シナリオが追加されたリメイク版である行殺♥新選組FRESHが発売された。

概要[編集]

本作は、幕末に活躍した新選組をモチーフとしたコメディ調のアダルトゲームである。本作は立ち絵を廃し、話に合わせて登場人物のフェイスウィンドウが画面上を動き回るという独特の表現方法を用いている。分岐型のシナリオとなっており、多くは主人公の新選組入隊から池田屋事件頃までを取り上げたものとなっている。ただし主要な登場人物の多くが女性化され、その人物像にもデフォルメが加えられている。また、ゲーム内で発生するイベントのほとんどが史実に基づいているが、“不条理”というパラメータが存在しており、これの度合いによっては非常に不条理かつシュールなストーリー展開と化す。

史実や新選組や幕末を題材とした各種小説・漫画などのエピソードを巧みにパロディの題材として取り上げていて、中にはかなりマニアックなものもある。また、ミニゲームのクイズがあるが、その出題内容は本編をも凌ぐマニアックさで、難易度が異様に高い。

ストーリー[編集]

時は幕末。主人公の島田誠は剣術で身を立てるため京都へ上る。しかし坂本龍馬率いるキンノーに絡まれ袋だたきにされてしまう。窮地を救ったのは新選組だった。島田は新選組のかっこよさにあこがれ、入隊する事になる。

登場人物[編集]

原則的に行殺♥新選組FRESH版に基づいて執筆。括弧内には読みと、モデルとなった人物名を記載。また、音声は行殺♥新選組FRESHのみ。

メンバーの服は基本的に制服である(一部を除く)。

島田誠(しまだ まこと/島田魁
声優:なし)
本作の主人公。縁あって新選組に入隊する。
近藤勇子(こんどう ゆうこ/近藤勇
声優:歌織
新選組局長。見た目はおっとりしているが、銃剣・虎徹を愛用する剣術の達人。
あまり自己主張をするタイプではなく、個性の強い隊士達をさりげなくまとめる調整型のリーダー。特に芹沢と土方の喧嘩を仲裁できるのは彼女だけであり、隊士からの信頼も極めて厚いが、性癖はM。
かつては坂本龍馬と恋仲だったが、現在は敵対関係にある。
土方歳江(ひじかた としえ/土方歳三
声優:かわしまりの
新選組副長。美人だが冷酷。武器は日本刀。規律を犯した隊士にしばしば切腹を命じるため鬼の副長と呼ばれ怖れられている一方、俳句や恥ずかしいポエムが趣味という意外な一面もある。また他人に餅をくれる。性癖はSでツンデレ気味。
彼女のみ、ある条件を満たす事で更なるシナリオに進み(本編は池田屋事件までのため)、真のEDへと到達する。
カモミール芹沢(かもみーる せりざわ/芹沢鴨
声優:長崎みなみ
もう一人の新選組局長。水戸藩出身ではあるが、異人の血を引くため金髪碧眼。通称は「カモちゃん」であり、武器は鉄扇と88mm砲(通称:カモちゃん砲)。大トラで酒を飲むと大暴れする。「規律より隊士同志の和を重視すべき」を持論としており、規律を何よりも重んじる土方とは何かと折り合いが悪い。
沖田鈴音(おきた すずね/沖田総司
声優:YUKI
新選組最強の剣士で、眼鏡をかけている。病弱でしばしば吐血しており、都合が悪くなると吐血しごまかすという、少々腹黒い面がある。武器は日本刀。そーじというあだ名で呼ばれているがその理由には諸説あり、結局島田には真相がわからずじまいである。
原田沙乃(はらだ さの/原田左之助
声優:綾瀬まゆ
新選組隊士。武器は身長よりも長い十文字槍。小学生のような幼い見た目と、かつて切腹に失敗したときの古傷に劣等感を抱いている。隊士の中では一番の頭脳派だが、負けず嫌いで口が悪く、島田に対して先輩風を吹かせたがるあたり、子供っぽい性格をしている。
永倉新(ながくら あらた/永倉新八
声優:金田まひる
新選組隊士。直情径行型で男勝りな女傑。基本的に能天気で、食べることと強さにしか興味がない一方、色恋沙汰が大の苦手。武器は永倉ハンマーと名付けられた大木槌。
藤堂平(とうどう たいら/藤堂平助
声優:草柳順子
新選組隊士。FRESHより新登場。近藤達とは江戸からのつきあいだが、影が薄く、フェイスウィンドウで自己主張を繰り返す。武器は錆びた斬馬刀、もしくは「北辰二刀流、無手、棍棒」(本人談)。北辰一刀流の結束によって運命を弄ばれ、自分の気持ちというものを失ってしまっている。その諦めきった性格からか「仕方ないよね」が口癖。
スタッフによると「(前作で)何故出ていないのか」と問い合わせが殺到した、とのこと。
伊東甲子(いとう かんこ/伊東甲子太郎
声優:歌織
新撰組参謀。池田屋事件の後に入隊。北辰一刀流。近藤に色々吹き込んだり不穏な言動を見せたりしているため、土方は特に嫌っている。かなりのドS。
斎藤はじめ(さいとう はじめ/斎藤一
声優:草柳順子
新選組の隊士である少年。島田と同期で、剣の腕は島田より上。何故か島田とくっつきたがる。
山南敬助(やまなみ けいすけ/山南敬助
声優:なし
新選組副長。くたびれた中年男性。北辰一刀流の使い手だが、いざという時に姿をくらますので剣の腕は未知数。沖田をかわいがっている。
井上源三郎(いのうえ げんざぶろう/井上源三郎
声優:なし
白髪白髭白眉毛の老隊士。時折現れては歳相応の落ち着いた発言をするが、時折ボケているような素振りも見せる。
松平けーこ(まつだいら けーこ/松平容保
声優:なし
京都守護職。新選組の上司で会津藩藩主。通称「けーこちゃん」。カモミール芹沢とは昔なじみのツレ。ちなみに眼鏡っ娘であるが、常に後ろを向いている。
おまちちゃん(おまちちゃん/モデルなし)
声優:長崎みなみ
新撰組びいきの町娘で、なぜか巫女姿をしている。ひょんなことから島田に惚れ込み、強引過ぎるほどのアタックを仕掛けてくる。
受け入れると拒むとに関わらず、島田と新選組を振り回すお騒がせキャラ。
古高俊子(ふるたか としこ/古高俊太郎
声優:綾瀬まゆ
表向きは枡屋の女主人だが、正体はキンノーのスパイ。新選組に捕縛され、木馬責めろうそくプレイをされてしまう。
坂本龍馬(さかもと りょうま/坂本龍馬
声優:なし)
殺しから立ち小便まで、悪事の限りをつくすキンノーの大物。歪んだ欲望を満たすために倒幕を目論む極度のS。近藤勇子の元彼であり、彼女をMに覚醒させ、奴隷として調教した張本人。
桂小五郎(かつら こごろう/桂小五郎
声優:なし)
キンノーの大物その2。「逃げの小五郎」の異名をとり、逃げるために悪事を働く逃げフェチ。FRESHより三枝師匠似の顔絵となる。
キンノーたち
幕府転覆を企む不貞な浪士だが、その多くが何らかの意味で奇人・変人。なおゲーム内には100名近いキンノーが登場するが、それぞれ個別に設定が存在する。

開発[編集]

本作の開発にあたり、「できるだけキャラクターを中心としたストーリーを作る」という方針が立てられた。また、「『新選組』を扱う以上半端なつくりにしたくない」という山原久稲の考えから、「バカゲーなのにちゃんと新選組のネタが入っている」作品を目指した開発がすすめられ、時間をかけた調査が行われた[1]

音楽[編集]

本作の主題歌である『見つめて☆新選組』は、子母沢寛の小説『新選組始末記』で広く知られている新選組の“局中法度”をモチーフにしたもので、そのサビの部分の歌詞の強烈なインパクトから「切腹ソング」という異名を持つ。それ以外にも、妙な前口上があったり曲終了後にもコントのようなやりとりが入っていることから、一種の電波ソングとしても知られる。

なお、2005年12月にDAMの「アキバ系萌えソング特集」の一環としてこの曲が一時期(10日ほど)だけ入ったが、現在は選曲ができない状態になっている。

山原はこの歌が採用された経緯について、「変な歌詞だが普通に歌ってほしいと考えていたが、歌い手さんのつぼにはまった結果、あのような歌になってしまった。狙うつもりはなかったが、面白い出来だったので採用した」とGalge.comとのインタビューの中で述べている[1]

スタッフ[編集]

行殺♥新選組[編集]

  • 企画・シナリオ:岩清水新一
  • キャラクター・原画:八雲剣豪
  • シナリオ:睦月たたら
  • 音楽:九十九百太郎
    • 主題歌:見つめて☆新選組
      作詞:鰯水新三、睦月たたら
      作曲:九十九百太郎(ノーブランドサウンズ)
      編曲:長崎繁
      歌:翠川優樹

行殺♥新選組FRESH[編集]

  • シナリオ:睦月たたら、天野佑一
  • キャラクター・原画:八雲剣豪
  • 音楽:ノーブランドサウンズ
    • 主題歌:見つめて☆新選組(フルコーラスVer.)
      作詞:鰯水新三、睦月たたら
      作・編曲:九十九百太郎(ノーブランドサウンズ)
      歌:長崎みなみ

評価[編集]

『行殺♥新選組』はBugBugのイチオシ!BUG'Sレビューではオープニング映像はゲーム内容や製作者の力量やセンスまでもが凝縮されて力作も多いが「それでもこれほどまでにインパクトが強くッ!! かつ、ゲームの神髄をスバリ表現しきったOPが近年あただろうかッ!?」と形容して拳を震わせる代物でゲーム開始直後から心を鷲掴みされ、大木凡人調のかけ声に続いて少女志士たちによるか細い声を振り絞って歌われるテーマ曲は歌詞やグラフィック、ギャグの効いた演出もありOPだけでも個人的に買いであるほどイカしている、本編もテンションを下げない内容で最近のアドベンチャーゲームのキャラ表示は立ち絵が多いが本作は昔ながらの顔のグラフィックがウィンドで表示され、シーンによって正方形の枠に収まった顔がウィンドウごと飛んだり跳ねたりコミカルに動き並のアニメーションは勝目などないほどで個性や感情が演出されており今風ではないと侮れない、ヒロインたちはきちんとキャラ立ちしていてかけあいだけでも十分面白いが攻略対象としてルートに入っていくと意外な持ち味を知れるのがいい、男性受けだけを追求するキャラは簡単に作れるが本作のヒロインたちは男性のためのご都合キャラだと感じさせず好感、ギャグを効かせた台詞やPC98時代のような懐かしい画面構成、型にとらわれない戦闘システムなどエッチシーンを除いても十分楽しめるとした[2]

その他[編集]

メディアミックス[編集]

  • 電撃大王にて八雲剣豪による漫画化
  • 行殺新選組をテーマにした3D格闘ゲーム「行殺!スピリッツ」が「GPSC(ゲームプログラム勉強会)」より発売。

『行殺』の意味[編集]

本作タイトルにも付けられている『行殺』という言葉は、元々はプレイバイメールのプレイヤーたちの間で使われていたスラングで、プレイバイメールで発表される行動結果文章において「プレイヤーキャラクターが僅か一行以下の文章しか登場せず、それが死亡シーンである」ことを意味する。ニュアンスとしては「瞬殺」「無意味な死」などの要素が含まれる。

これはライアーソフトの母体となった遊演体の“マスター”の1人であった甲斐甲賀が多用した処理で、選択を少しでも誤ったプレイヤー、自己中心的な行動を取るプレイヤーに対し、甲斐は行動結果文章の中で当該プレイヤーが所持するキャラクターを本当にたった一行の文章で何の意味もなく、ただ死亡の結果だけを示す、この『行殺』を何の躊躇も無く断行した。顧客であるプレイヤーのキャラクターの死であるにも関わらず、ストーリー的なカタルシスやドラマ性のある描写などといった死に様を一切描かない『行殺』は多くのプレイヤーから嫌悪された。

本作においては、キンノーたちの多くが『行殺』されている。

出典[編集]

  1. ^ a b Liar-soft 後編”. Galge.com. 2008年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月17日閲覧。
  2. ^ BagBag2000年7月号 Vol71 191ページ