行阿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行阿(ぎょうあ、生没年不詳)は、南北朝時代の和学者。源義行の子で、俗名は源 知行(みなもと の ともゆき)。

いわゆる河内方のひとり。曾祖父光行によって始められ、祖父親行の代にほぼ完成した『源氏物語』の注釈書『水原抄』に加筆、また『原中最秘抄』を完成して源氏学(=『源氏物語』を探求する学問)の権威として家学の隆盛に力を尽くし、親行が藤原定家の勧めによって著した仮名遣いの書を増補して「仮名文字遣」を著した。なお、貞治2年/正平18年(1363年)には二条良基に『源氏物語』の奥義を伝授している。

関連項目[編集]