術数学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
術数学
繁体字 術數學
簡体字 术数学

術数学(じゅっすうがく)は、前近代の中国とその周辺地域(東アジア)で発達した学問分野の一つ[1]術数数術数術学術数文化[2]ともいう。大まかに言えば「占い」「占術」とほぼ同義。具体的に言えば、風水占星術奇門遁甲などの総称。言い換えれば、五術のうちの命・卜・相の総称。

中国古来の数理哲学宇宙観陰陽五行思想八卦十干十二支天円地方天人相関説中国天文学英語版など)を基礎理論とする。

由来・定義[編集]

「術数学」という分野区分は、古代中国の図書分類法に由来する。具体的には、漢代図書目録である『漢書芸文志(またはその前身になった図書目録『七略』)に由来する[2]。『漢書』芸文志は、漢代当時に存在した書物を六分野に大別して整理した。その六分野の一つが術数学である。この分野区分は、漢代以降も形を変えつつ継承された。具体的には、唐代以降の分類法である四部分類法においては「子部」の下位分野として継承され、清代の『四庫提要』にも継承された。ただし、時代によって含まれる書物の範囲が変わることもあった[2]

術数学という分野区分は、以上のような図書分類のために作られた分野区分である。そのような事情もあり、「術数学とは何か」という明確な定義は決まっておらず、学者によって様々な定義がある[2]

なお、漢代より前の時代、つまり先秦時代においては、術数学にあたる分野は「方術」と呼ばれていた[3]。「方術」は、占いだけでなく鍼灸中国医学)や本草学などの分野も含んでいたが、漢代以降分離された[3]

術数学は、近現代の中国学では長らくマイナーな研究対象だったが、20世紀末頃から盛んに研究されるようになった。その経緯として、馬王堆帛書睡虎地秦簡といった出土文献(竹簡帛書)に術数学関連の文献が多く含まれていたこと(例えば『日書中国語版』と呼ばれる文献群[4])や、未調査だった術数学関連の写本(抄本)や刊本が調査されるようになったこと[5]、などの経緯がある。また日本では、戦後木村英一中村璋八安居香山山田慶兒坂出祥伸をはじめとする学者たちによって、術数学が中国哲学史中国科学史の重要な要素として徐々に注目されるようになった、という経緯もある[2]

概観[編集]

術数学の下位分野は多岐にわたり、中には必ずしも「占い」とは呼ばれない分野も含まれる。例えば、相馬術(良馬の鑑定術)は、風水人相占いなどと同様の「相術中国語版」として術数学に含まれる[6]

術数学の下位分野の多くは、政治から日常生活に至るまで、人間の様々な営みと結びついていた。例えば、日選びなどの占いは兵学において、合戦の勝敗を左右する要素として軍師軍配者に重要視された[7]

術数学の下位分野のいくつかは、現代でも民間の風俗・民俗として残っている[8]。また、中国大陸だけでなく東アジア各地(台湾琉球諸島朝鮮半島ベトナム日本など)にも伝播している。例えば、日本の陰陽道は術数学が背景にあった[9]

下位分野[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]

伏羲女媧八卦などの発明者とされる。

脚注[編集]

  1. ^ 清水 2016, p. 138.
  2. ^ a b c d e 水口 2020, 「序」「総論 〈術数文化〉という用語の可能性について」.
  3. ^ a b 術数学-中国の科学と占術 « 京都大学人文科学研究所”. www.zinbun.kyoto-u.ac.jp. 2021年3月18日閲覧。
  4. ^ 大野 2014, pp. 26f; 工藤 2011.
  5. ^ 大野 2020a, p. 10-13.
  6. ^ 大野 2014, p. 122.
  7. ^ 名和 2019, 椛島雅弘「銀雀山漢墓竹簡『天地八風五行客主五音之居』客主篇と中国兵学における択日占」.
  8. ^ 大野 2020a, pp. 13-17; 三浦 1995.
  9. ^ 山下 2010, p. 29.

関連文献[編集]

  • 池田知久; 水口拓壽編 『中國傳統社會における術數と思想』 汲古書院、2017年。ISBN 978-4762965784。 
  • 大野裕司 『戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究』 北海道大学出版会、2014年。ISBN 978-4832968028。 
  • 大野裕司 「術数学へのいざない 1」 『中国史史料研究会会報』 6号 志学社、2020a。ASIN B087Z5RM5Y 
  • 大野裕司 「術数学へのいざない 2」 『中国史史料研究会会報』 7号 志学社、2020b。ASIN B08C9MD2W2 
  • 大野裕司 「術数学へのいざない 3」 『中国史史料研究会会報』 9号 志学社、2020c。ASIN B08MCZ29Q3 
  • 川原秀城 『数と易の中国思想史 術数学とは何か』 勉誠出版、2018年。ISBN 978-4585210450。 
  • 工藤元男 『占いと中国古代の社会 発掘された古文献が語る』 東方書店、2011年。ISBN 978-4497211101。 
  • 坂出祥伸 『中国古代の占法 技術と呪術の周辺』 研文出版、1991年。ISBN 978-4876360994。 
  • 坂出祥伸 『「気」と養生―道教の養生術と呪術』 人文書院、1993年。ISBN 978-4409410554。 
  • 佐藤信弥 『中国古代史研究の最前線』 星海社〈星海社新書〉、2018年。ISBN 978-4065114384。 
  • 清水洋子 「東アジア術数学研究会 (研究会通信)」 『中国研究集刊』 62号 大阪大学中国学会、2016年http://hdl.handle.net/11094/61983 
  • 辛賢 『漢易術数論研究』 汲古書院、2002年。ISBN 978-4762926723。 
  • 辛賢; 堀池信夫編 『知のユーラシア4 宇宙を駆ける知 天文・易・道教』 明治書院、2014年。ISBN 978-4625624308。 
  • 髙橋あやの 「張衡と占術」 『張衡の天文学思想』 汲古書院、2018年。ISBN 978-4762966224。 
  • 武田時昌 『術数学の思考 交叉する科学と占術』 臨川書店、2018年。ISBN 978-4653043751。 
  • 武田時昌編 『陰陽五行のサイエンス』 京都大学人文科学研究所、2011年。NCID BB05297360
  • 武田時昌編 『術数学の射程 東アジア世界の「知」の伝統』 臨川書店、2021年(初出2014年・京都大学人文科学研究所)。ISBN 978-4653045076。
  • 武田時昌編 『天と地の科学 東と西の出会い』 臨川書店、2021年(初出2019年・京都大学人文科学研究所)。ISBN 978-4653045083。
  • 名和敏光編 『東アジア思想・文化の基層構造 術数と『天地瑞祥志』』 汲古書院、2019年。ISBN 978-4762966309。 
  • 三浦國雄 『風水 中国人のトポス』 平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1995年。ISBN 978-4256190296。 
  • 三浦國雄 『風水講義』 文藝春秋〈文春新書〉、2006年。ISBN 978-4166604883。 
  • 三浦國雄編 『術の思想 医・長生・呪・交霊・風水』 風響社、2013年。ISBN 978-4894891906。 
  • 水口幹記編 『前近代東アジアにおける〈術数文化〉』 勉誠出版、2020年。ISBN 978-4585227106。 
  • 水野杏紀 『易、風水、暦、養生、処世 東アジアの宇宙観(コスモロジー)』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2016年。ISBN 978-4062586214。 
  • 山下克明 『陰陽道の発見』 NHKブックス、2010年。ISBN 978-4140911594。