衛君起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
衛君 姫起
第32代公
王朝
在位期間 紀元前477年
都城 帝丘
姓・諱 姫起
諡号 なし
生年 不詳
没年 不詳
霊公

衛君 起(えいくん き、生没年不詳)は、の第32代君主。霊公の子。在位中に放逐されたため諡号がなく、衛君起と呼ばれる。

生涯[編集]

荘公3年(前478年)10月、が衛を攻撃し、荘公が出奔したため、衛の国人は公孫斑師(はんし)[1]を立てて衛君とした。しかし、12月にが衛を攻撃して斑師を捕らえ、代わりに公子起を立てたため、公子起(以降は衛君起と表記)が衛君となった。

衛君起元年(前477年)夏、の石圃が衛君起を放逐し、衛君起は斉へ出奔した。これにより出公が斉から戻ってふたたび衛君となった。

脚注[編集]

  1. ^ 襄公の孫。『左伝』では般師と表記。

参考資料[編集]