衛旌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

衛 旌(えい せい、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。子旗徐州広陵郡の人。

生涯[編集]

若いころ歩騭と知り合って親友になり、共に瓜を売って生計を成し、夜は勉学に励んでいたという。ある時、歩騭と会稽の有力者の焦征羌を訪ねた事があったが、焦征羌が二人を見下してぞんざいに扱ったため、衛旌が屈辱に憤慨したものの、歩騭は平然と応対したという。

のち呉に仕えた。武陵太守になった。歩騭が太子の孫登に対し、荊州で仕事に励んでいる11名の人材として、名を挙げた内の一人である[1]

蜀の蒋琬が大将軍になると、潘濬が蒋琬との内通を疑われ衛旌が孫権に報告したところ、孫権はそれを聞き入れず、封をしたまま潘濬に手紙を渡し、衛旌を中央に召喚し免職にした。長い時間が経ってから、尚書に復職し、在任中に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 諸葛瑾陸遜朱然程普潘濬・裴玄・夏侯承・衛旌李粛・周条・石幹

参考文献[編集]

三国志』呉書16潘濬伝 『呉録』