衛星劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
衛星劇場
衛星劇場HD
あなたのテレビライフを豊かにする。
基本情報
運営(番組供給)事業者 松竹ブロードキャスティング株式会社
本社(本部) 〒104-0045
東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル5階
旧チャンネル名 衛星劇場(初代)( - 1997年9月30日)
シネマジャパネスク(1997年10月1日 - 1998年9月30日)
放送(配信)開始 1993年4月1日
HD放送(配信)開始 2008年10月1日
ジャンル 映画
放送内容 日本映画、松竹歌舞伎、韓国映画・ドラマ
アナログ放送(CS、放送終了)
プラットフォーム CSバーン
放送事業者 株式会社衛星劇場
チャンネル番号 J-9ch
放送開始 1993年4月1日
放送終了 1999年3月31日
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 松竹ブロードキャスティング株式会社
チャンネル番号 Ch.219(HD)
物理チャンネル CS1-ND10
視聴料金 月額2,100円(税込)
放送開始 2002年7月1日
HD放送開始 2018年9月26日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.628(HD)
視聴料金 月額2,100円(税込)
放送開始 2008年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 松竹ブロードキャスティング株式会社
チャンネル番号 Ch.310
視聴料金 月額1,800円(税別)
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 240,290(HD)
eo光テレビ 628(HD)
J:COM 504(HD)
JCN 931(HD)
公式サイト
特記事項:
スカパー!プレミアムサービスのみ成人映画放送対応。スカパー!では放送していない。

衛星劇場(えいせいげきじょう)は、日本衛星放送チャンネルで、衛星一般放送事業者及び衛星基幹放送事業者である松竹ブロードキャスティング株式会社運営の映画専門チャンネル。CS(通信衛星)、ケーブルテレビを通して全国に配信。

概要[編集]

放送枠[編集]

邦画
  • 衛星ロードショー(新作特番あり)
  • 寅さん・浜ちゃんウィークエンドロードショー
  • 小津安二郎の軌跡
  • 若き日のKAWASHIMA 川島雄三初期作品集
  • ニッポン歌謡映画パラダイス
  • メモリーズ・オブ・若尾文子
  • 銀幕の美女シリーズ
  • 女賭博師シリーズ
  • 爆笑喜劇オン・パレード
  • 懐かしシネマアワー
  • 日本映画名作劇場
  • リクエストアワー
  • 衛星デフシアター(日本語字幕放送)
月ごとに、新作映画公開に合わせた特別企画や、監督特集などの特別枠を編成している。
韓流
  • 情熱のコリアンムービーシアター
  • 韓国ドラマシリーズ
  • 韓流名画館
  • 韓流短編ドラマ名作劇場
  • 韓国ドラマアンコール放送
  • 韓国情報番組
  • SHOW CHAMPION(韓国放送日が2016年12月14日の第209回から)[1]
アジア系
洋画
  • 衛星洋画シアター
  • 大林宣彦のいつか見た映画館
  • 西部劇クラシックス
  • 幻の西部劇シリーズ(テレビドラマ)
時代劇
オリジナルビデオ
  • レッツ!Vシネマ
舞台系、その他
  • アート・アニメーションの世界
  • 衛星ドキュメンタリー
  • 特選歌舞伎
  • 演劇招待席
  • 松竹新喜劇アワー
  • 衛星落語招待席
  • 自主制作番組
    • Invitation Movie
    • シネマ紀行
    • ムービー・ナビ!
    • 日本映画プロデューサー列伝
    • 番組案内(15分、無料放送)
  • インディーズムービー・フェスティバル
成人向け
成人向け番組に関しては視聴年齢制限(ペアレンタルロック)があるため、これらを視聴するには事前に成人向け番組視聴手続きが必要。また、スカパー!では視聴できない。代わりに「エンジェルナイト」と言うタイトルで、R-15指定相当の映画やVシネマが放送されている。

グループチャンネル[編集]

松竹ブロードキャスティング運営
かつて存在したチャンネル

脚注[編集]

関連項目[編集]