衛生陶器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
衛生陶器製の和風便器
衛生陶器製洗面台

衛生陶器(えいせいとうき)は、浴室便所など主に水回りに用いられる陶製の器具の総称。具体的には陶製の洗面台便器浴槽ビデ、汚物流しなどを指す。

特徴[編集]

吸水性がほとんどなく、汚れが付きにくく洗浄が容易、表面硬度が高く傷がつきにくいなどの長所がある反面、衝撃や、熱湯などの高温により破損する場合もある[1]。便器など複雑な形状の製品の製造には、主に石膏合成樹脂製の鋳型を用いた成形法が用いられる[1]。代替素材としては琺瑯合成樹脂ステンレス鋼などがある。

歴史[編集]

衛生陶器は19世紀中期にイギリスで開発され、19世紀後期にかけてアメリカで技術が確立された。日本では幕末に、以前の木製便器を模した陶製便器の生産が始まった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]