衛藤即応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

衛藤 即応(衞藤即應、えとう そくおう、1888年4月14日 - 1958年10月13日)は、仏教学者、博士。曹洞宗の僧侶。駒澤大学総長(1953年就任)。近代曹洞宗の宗学の確立に尽力。号は不喚。

来歴[編集]

大分県宇佐郡駅館村(現宇佐市)出身。雲栖寺雪洞明について得度、心月院(兵庫県)にて弘津説三に嗣法して大応寺(山口県)住職となる。1904年曹洞宗大学(現:駒澤大学)、1912年京都帝国大学文学部印度哲学科卒業。曹洞宗大学教授として1921-24年英国、フランス、ドイツに学び、帰国後に駒澤大学教授。1928年京都市安泰寺住職。1937年学寮「道憲寮」を創立。

1944年「宗祖としての道元禅師」で博士(文学、京都帝大)取得。駒澤大学部長を経て、1953年総長に就任。組織仏教、宗学序説を講じ宗門の近代化に務めた。著書に国訳「華厳経」、校注「正法眼蔵」、「栄西と道元」「大乗起信論講義」「道元禅と念仏」など[1]

著書[編集]

  • 大蔵経講座 第12巻 大乗起信論講義』東方書院 1934
  • 『宗祖としての道元禅師』岩波書店 1944
  • 『正法眼蔵序説』岩波書店 1959
  • 『道元禅師と現代 衛藤即応博士遺稿集』春秋社 1980
  • 『道元禅師の宗教と現代』春秋社 2000

編訳・校注[編集]

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典~日外アソシエーツ
先代:
駒澤大総長
1953- 年
次代:
先代:
岸沢惟安
曹洞宗安泰寺住職
第4世:1928
次代:
澤木興道