衣棚通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
衣棚通(御池通との交差点付近から南方面を望む)、京都市中京区

衣棚通(ころものたなどおり、ころもたなどおり)は京都市内の南北の通りの一つ。北は賀茂川右岸の加茂街道から南は六角通まで。途中紫明通から200mほど南の玄武公園横まで、また一条通上長者町通の間で分断されている。一条通以北では何箇所かで東西方向にずれている。

平安京には存在せず、豊臣秀吉による天正の地割で新設され、その後北へ延長されて賀茂川に達した。江戸時代には東隣の室町通同様多くの呉服店があり、これが通り名の由来となった。しかし現在では室町通りと比べ和装関係の業者は少ない。

関連項目

今日は何の日(8月23日

もっと見る

「衣棚通」のQ&A