衣蛸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

衣蛸(ころもだこ)は、京都府与謝郡に伝わる妖怪[1]

概要[編集]

その名前が示すようにタコの妖怪。外観は小さなタコと変わりないが、船が近づくと体を衣のように大きく広げ、人間も船も海の中へ沈めてしまうといわれ、人々に恐れられている[1]

自分を捕らえようとする漁師をこのように襲うともいい、一説によれば体を広げたときの大きさは6畳ほどともいう。また、普段は貝殻の中に入って海の上を漂っているともいう[2]

ちなみに実在のタコであり外洋で遊泳生活するムラサキダコも、足と足の間に膜を持ち、兵庫県竹野町の海岸などでは、地元民に「衣ダコ」の俗名で知られている[3]。またムラサキダコに縁の近いカイダコ類は、同様に外洋で遊泳生活をし、雌は腕から貝殻を分泌してその中に包まっており、この貝殻の中で卵を保育する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 茂木徳郎「妖怪変化」『宮城県史』21、渡辺波光・岩間初郎会編、ぎょうせい、1987年、448頁。NCID BN00973317
  2. ^ 多田克己『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、155-156頁。ISBN 978-4-915146-44-2。
  3. ^ 本庄四郎『生きもの探訪記』北星社、2004年、48頁。ISBN 978-4-939145-04-9。

関連項目[編集]