袋一平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

袋一平(ふくろ いっぺい、1897年10月17日 - 1971年7月2日)は日本の翻訳家映画評論家。東京生まれ。東京外国語学校ロシア語科卒。ロシア語の和訳を専門とした。またソ連映画の研究家、日本山岳会会員。

翻訳業[編集]

最初の訳書はおそらくV・ヴェレサーエフ作『医者の記録』(南宋書院)で、1927年(昭和2年)に出版された。以降、大戦をまたぐ20年ほどの期間に10冊ばかりの訳書を刊行。続く20年間(1950年代60年代)には約100冊の書籍を翻訳した。晩年(1970年代前半)にも数冊の訳書がある。

翻訳対象はフィクションとノンフィクションの両分野にまたがる。

フィクションではアントン・チェーホフマクシム・ゴーリキーなど近代ロシア文学もあるが、むしろ現代の小説やヴィタリー・ビアンキなど児童向け作品の翻訳が主体である。またアレクサンドル・ベリャーエフゲオルギー・グレーウィッチらの作品を初めて邦訳するなど、ロシア(ソ連)SFの日本紹介に関して先駆的な役割を果たした。

ノンフィクションの訳書としては、ミハイル・イリンなどによる(主に児童向けの)科学啓蒙書や、ソ連関係・登山関係・映画関係の図書が多い。

その他の活動[編集]

ソ連映画の研究家であると同時に1928年からはソ連映画の輸入と配給に携わり、1930年には映画輸入の交渉と日本映画に関する講演会のためソ連を旅行してフセヴォロド・プドフキンなどの映画人と面会した。その際に持ち帰ったソ連映画の貴重なポスターは現在東京国立近代美術館フィルムセンターで保存されている(2009年に同センターよりカタログが発行された)。また、この時公開された『何が彼女をさうさせたか』のフィルムは、ソ連の事情に合わせてラストシーンなどがカットされ、ロシア語字幕が挿入されていたものの、オリジナルのフィルムが火災により失われたため、本作の現存する唯一のプリントとして復元の素材となった[1]

映画研究についてはロシア語資料を訳すだけでなく戦前にはオリジナルの研究書を著している(下記)。日本山岳会の会員でもあり、訳書にもその志向が反映されているほか、横浜登山会の遠征記『カフカズの山旅』(下記)編集に携わるなどしている。

主要訳書リスト[編集]

小説[編集]

  • ゴーリキイ『ゴーリキイ全集2 - 憂鬱・他十篇』改造社、1931年
  • チェホフ『生まれ故郷で』角川書店、1951年
  • レオニード・レオーノフ『襲来』早川書房、1953年
  • オストロフスキー『いかに鋼鉄は鍛えられたか』角川書店、1958年
  • ニコライ・チーホノフ『白の奇跡』東京創元社、1958年
  • 早川書房編集部『宇宙翔けるもの - 現代ソビエトSF短編集1』早川書房、1963年
  • ゲオルギー・グレーウィッチ『宇宙パイロット』岩崎書店、1967年
  • スタニスラフ・レム『泰平ヨンの航星日記』早川書房、1967年
  • A・ベリャーエフ『世界SF全集8』早川書房、1969年
    • 収録作:「ドウエル教授の首」、「無への跳躍」
  • A・S・ステパーノフ『旅順口(上中下)』新時代社、1972 - 73年(袋正と共訳)
  • ルスタヴェリ『虎皮の騎士』理論社、1972年

ノンフィクション[編集]

  • ミハイル・イリン『人間の歴史』岩波書店、1959年
  • レフ・クレショフ『映画製作法講座』早川書房、1954年
  • カルル・キリジン『L.V.M.計画 - 遠い宇宙への旅』新潮社、1958年
  • アラバーコフ『アルピニズムの基礎』ベースボール・マガジン社、1958年
  • ベレーツキイ『スターリン峰登頂記』ベースボール・マガジン社、1959年
  • エイゼンシュテイン『映画論』三笠書房、1952年

著書リスト[編集]

  • 『ソヴエート・ロシヤ映画の旅』往来社、1931年
  • 『露西亜映画史略』往来社、1932年
  • 『霧氷圏』岡倉書房、1939年
  • ツィオルコフスキー: 宇宙開発の父』岩崎書店、1962年
  • 『カフカズの山旅 - 日本グルジア友好交流登山の記録』あかね書房、1968年
    • 編集。本文は石井修一、杉山敬弘、羽生哲夫ほか著。「序」と「解説」のみ袋一平著。

この他に、共同編集の本、短編の著作(ノンフィクション類)を収録した本が多少ある。

脚注[編集]

  1. ^ 太田米男「映画の復元 『何が彼女をそうさせたか』(1929)に関して ―(I)―」大阪芸術大学紀要『藝術23』(2000年11月)