袖山誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

袖山 誠一(そでやま せいいち、1950年3月23日 – )は、日本のレーシングドライバーで、ドライビング・エキスパート組織AADの代表。

概歴[編集]

東京都出身。血液型はO型。1971年、富士フレッシュマンレースにてレースデビュー。その後、プロのレーシングドライバーとして数々のレースに参戦。全日本ツーリングカー選手権(グループA)やジャパン・スーパースポーツ・セダンレース(JSS)などのシリースではシリーズチャンピオンになり、1993年から2002年まで全日本GT選手権に参戦してた。

代表的なレース業績[編集]

  • 1984年
    • RRC富士F2チャンピオンズレース(HKS東名ワールド通産シルビア)(決勝6位)
    • 富士インター200マイルレース(HKS東名ワールド通商シルビア)(決勝5位)
    • グランナショナルストックカーレース(JSS)(HKS東名ワールド通商シルビア)(決勝3位)
  • 1985年
    • 富士300キロスピードレース(JSS)(ジャパン三陽HKSシルビア)(決勝3位)
    • 全日本ツーリングカー選手権レース第1戦(オオツカ東名ニッサンシルビア)(決勝3位)
    • 富士グラン250キロレース(JSS)(ジャパン三陽HKSシルビア)(決勝3位)
    • レース・ド・ニッポン筑波(JSS)(HKS東名シルビア)(決勝2位)
    • RRC筑波チャンピオンズレース第1戦(JSS)(ジャパン三洋HKSシルビア)(決勝3位)
    • 全日本富士500mileレース(JSS)(TOMEIニッサンシルビア)(決勝2位)
    • RRC富士F2チャンピオンズレース(JSS)(TOMEI ニッサンシルビア)(決勝3位)
    • RRC筑波チャンピオンズレース最終戦(JSS)(ジャパン三陽シルビアターボ)(決勝2位)
  • 1986年
    • 富士スーパースピードレース(JSS)(TOMEI・シルビアターボ)(優勝)
    • 富士マスターズスピードレース(JSS)(TOMEIシルビアターボ)(決勝3位)
  • 1987年 - インターナショナル鈴鹿500km自動車レース(BA-TSU・ダッカムスマツダ)(決勝9位)
  • 1988年
    • レース・ド・ニッポン(9M505・サンロード・M3)(決勝9位)
    • SUGOグループA 300km選手権レース大会(M505・サンロード・M3)(決勝13位)
  • 1990年
    • 富士F3スプリング選手権レース(JSS)(RS中春 シルビア)(決勝6位)
    • 筑波チャレンヂカップレース第2戦(JSS)(RS中春 シルビア)(決勝3位)
  • 1991年
    • 筑波チャレンヂカップレース第5戦(JSS)(中春スカイライン)(決勝6位)
    • ナイター9時間&3時間耐久レース N1(レッツオ・トランピオ・シビック)(決勝2位)
    • 日本信販スーパーカップRd.3 FUJI CHAMPIONS(JSS)(WAKO中春スカイライン)(決勝4位)
    • 日本信販スーパーカップRd.5 FUJI FINAL(JSS)(WAKO中春スカイライン)(決勝5位)
  • 1992年
    • 日本信販ニコスカップRd.3 FUJI CHAMPIONS(JSS)(松井組・中春スカイライン)(優勝)
    • 日本信販ニコスカップRd.5 FUJI FINAL(JSS)(松井組・中春スカイライン)(決勝2位)
  • 1993年
    • IMSA GTチャレンジ(ワコーRS中春スカイライン)(決勝3位)
    • 富士ツーリングカー6時間レース(ワコー中春スカイライン)(決勝2位)
    • RRC FUJI CHAMPIONS(JSS)(ワコー中春スカイライン)(優勝)
    • F3000富士ファイナル(ADVAN中春スカイライン)(決勝2位)
  • 1994年
    • 全日本富士GTレース大会 JGTC 富士スピードウェイ コクピット館林GT-R(決勝2位)
    • ハイランドGT&F3選手権レース JGTC 仙台ハイランドレースウェイ コクピット館林GT-R(決勝4位)
    • JAPAN SPECIAL GT-CUP JGTC 富士スピードウェイ コクピット館林GT-R(決勝5位)
    • SUGO GT&F3選手権レース JGTC SUGOインターナショナルレーシングコース コクピット館林GT-R(決勝5位)
    • 三洋信販カップグランドツーリングカー耐久レース JGTC MINE コクピット館林GT-R(決勝6位)
  • 1995年 - 第2回 NICOS CUP 十勝24時間レース(ナインテンポルシェ)(決勝5位)
  • 1996年
    • 第3回 NICOS CUP 十勝24時間レース(ナインテンポルシェ)(決勝6位)
    • NICOS CUP GT オールスター戦(ナインテンポルシェ)(決勝9位)
  • 1997年
    • 鈴鹿GT300km(ナインテンポルシェ)(決勝15位)
    • 全日本富士GTレース大会(ナインテンポルシェ)(決勝16位)
    • JAPAN SPECIAL GT CUP(ナインテンポルシェ)(決勝17位)
    • FIA GT選手権シリーズ第7戦 ポッカ1,000km(ポルシェ911 GT2)(決勝17位)
    • CP MINE GT RACE(ナインテンポルシェ)(決勝26位)
    • NICOS CUP GT オールスター戦(ナインテンポルシェ)(決勝13位)
    • NICOS CUP GT オールスター戦(ナインテンポルシェ)(決勝12位)
  • 1998年
    • SUZUKA GT 300km(コブラポルシェ)(決勝11位)
    • Super N1 500km RACE スーパー耐久(KテックDL・WMトムスMR2)(決勝13位)
    • 第5回 十勝24時間レース スーパー耐久(ダッカムスAPGポルシェ)(決勝2位)
  • 1999年 - 第28回インターナショナルポッカ1,000km(STP※ススキレーシングGTR)(決勝9位)
  • 2000年
    • CP MINE 500km RACE スーパー耐久(RSオガワADVANランサー)(決勝7位)
    • 第29回インターナショナルポッカ1,000km(ススキレーシングGT-R)(決勝9位)
    • Super TEC スーパー耐久(RSオガワADVANランサー)(決勝6位)
  • 2001年 - 第8回十勝24時間レース(PCJアドバンみんと964)(クラス2位)
  • 2002年 - 第9回十勝24時間レース(PCJアドバンみんと964)(決勝3位)
  • 2003年 - スーパー耐久・鈴鹿300マイル(クムホ・エクスタ S2000)(決勝29位)
  • 2004年 - 第33回インターナショナルポッカ1,000km(Tomei Sport GT3R ADVAN)(決勝10位)

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1994年 RACING TEAM 中春 日産・スカイラインGT-R GT1 FSW
2
SEN
4
FSW
5
SUG
5
MIN
6
3位 47
1995年 S2 BRAIN ポルシェ・911 GT2 SUZ FSW
Ret
SEN
8
FSW 17位 15
コブラレーシング SUG
1
MIN
3
1996年 910 RACING ポルシェ・911 RSR GT300 SUZ FSW
1
SEN
4
MIN
1
SUG
2
MIN
Ret
2位 65
1997年 GT300 SUZ
2
FSW
8
SEN
4
FSW
4
MIN
12
SUG
12
6位 38
1998年 コブラレーシングチーム ポルシェ・911 GT300 SUZ
2
FSW SEN FSW TRM MIN 16位 15
YELLOW MAGIC フェラーリ・F355 SUG
Ret
1999年 I.A.Tec Racing Team 日産・シルビア GT300 SUZ FSW
Ret
SUG MIN FSW
DNQ
TAI TRM NC 0
2000年 AUTO STAFF RACING GT300 TRM
FSW
Ret
SUG
8
FSW
8
TAI
15
MIN
11
SUZ
11
22位 6
2002年 TEAM GAIKOKUYA ポルシェ・911 GT3R GT300 TAI FSW SUG SEP FSW TRM
15
MIN SUZ NC 0

ドライビングスクール[編集]

袖山が運営するドライビングスクール「SODドライビング・スキルアップ・スクール」では、サーキット走行のレッスンの他に、公道走行のためのレッスンもある。

関連項目[編集]