袖師駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
線路用地が幅広になっている旧駅位置

袖師駅(そでしえき)は、かつて静岡県庵原郡袖師町1961年清水市へ編入、2003年静岡市となる)の日本国有鉄道(国鉄)東海道本線上に存在した海水浴シーズンのみ開設される臨時駅であった。

概要[編集]

袖師町に横砂海水浴場(袖師海水浴場)が開設されたのに伴い、海開き直後に開設された。臨時駅ということもあって、駅舎は切符売り場となる小さなものがあっただけで、プラットホームの上屋も取り付けられていなかった。ホームは単純な対向式2面2線であったという。

戦前戦後を通じ、静岡近辺の人々に親しまれてきたが、工業化に伴う水質汚濁で徐々に海水浴場としては適さなくなり、1963年昭和38年)の夏を最後に列車の発着がなくなり、海水浴場も1966年(昭和41年)に閉鎖された。その後、1971年(昭和46年)に駅は正式に廃止された。

なお、1949年(昭和24年)頃には常設駅への格上げも一時内定していたが、国有鉄道の運営が運輸省から公共企業体日本国有鉄道に変更されたのに伴い、支出抑制が図られることになったため流れた。

1974年(昭和49年)運転休止、翌年廃線となった路面電車静岡鉄道清水市内線にも、袖師電停が設けられていた。静鉄廃止後の2007年(平成19年)頃、小規模ながら袖師駅復活要望の運動が報じられたが、その後具体的な進展は見られていない。

現在当駅跡には、朽ち果てたホームの一部が残っている。

歴史[編集]

一部が残るホーム跡

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
東海道本線
興津駅 - (2.4km) - 袖師駅 - (2.3km) - 清水駅
静岡鉄道
清水市内線
鈴木島駅 - (庵原川駅) - 袖師駅 - 横砂駅

関連項目[編集]