袖平山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
袖平山
Mt.Sodehira.JPG
蛭ヶ岳付近から望む袖平山(2006年10月撮影)
標高 1,431.9 m
所在地 日本の旗 日本
神奈川県相模原市
位置 北緯35度30分39秒
東経139度07分34秒
座標: 北緯35度30分39秒 東経139度07分34秒
山系 丹沢山地
種類 山塊
袖平山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
熊笹ノ峰付近より袖平山

袖平山(そでひらやま)とは、丹沢山地北部、丹沢主脈(実際の主脈縦走路からは少し離れている)にある標高1,432mの山である。神奈川県相模原市内に位置し、丹沢大山国定公園に属する。「袖平」とも呼ばれる。

名称について[編集]

最近は山を付けて袖平山ということが多くなったが、昭和の終わり頃までは山を付けずに袖平というのが普通であった。第十回国民体育大会の報告書には「袖平ノ頭」という表記が見られ、既に袖平山と呼ばれていたのであればあえて「頭」を付けるとは考えにくいため、当時袖平に山の字が付かなかったことを物語っている。なお、山名における「頭」については丹沢#特徴的な山名を参照。

また読みについても現在ではソデヒラが通用しているが、新編相模國風土記では曽天多伊羅(ソデタイラ)と註されている。なお、袖平という字は、青森県田子町の地名「袖平」(そでたい)、島根県月山富田城における「西の袖平」(にしのそでひら)といった使用例がある。

周辺の山[編集]

関連項目[編集]