袴田茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

袴田 茂樹(はかまだ しげき、1944年3月17日 - )は、日本国際政治学者社会学者新潟県立大学教授。青山学院大学名誉教授。専門はロシア社会論。公益財団法人日本国際フォーラム評議員[1]

略歴[編集]

広島県福山市生まれ。広島県立福山誠之館高等学校を経て、1967年東京大学文学部哲学科卒業。同期に土屋賢二菅野盾樹など。1972年モスクワ国立大学大学院哲学部修了、1977年東京大学大学院社会学研究科国際関係論専攻単位取得退学。芦屋大学助教授、青山学院大学助教授。1987年『深層の社会主義』でサントリー学芸賞1988年教授。2012年定年退職。同年新潟県立大学教授就任。

父は1940年ソ連に政治亡命した袴田陸奥男。 伯父は日本共産党幹部の袴田里見。異母妹のイリーナ・ハカマダは、元ロシア連邦議会下院議員。

元外交官の佐藤優によれば、袴田はロシア問題におけるオピニオンリーダーであり、外務省ブレーンとして対露政策決定に一定の影響力を持つという[2]

所属団体[編集]

  • 公益財団法人日本国際フォーラムでは参与[3]、政策委員[4]も務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • ソ連――誤解をとく25の視角』(中公新書, 1987年)
  • 『深層の社会主義――ソ連・東欧・中国こころの探訪』(筑摩書房, 1987年)
  • 『ソビエト・70年目の反乱――現地から検証する出口なきゴルバチョフ・ソ連』(集英社, 1990年)
  • 『ロシアのジレンマ――深層の社会力学』(筑摩書房, 1993年)
  • 『文化のリアリティ――日本・ロシア知識人 深層の精神世界』(筑摩書房, 1995年)
  • 『沈みゆく大国――ロシアと日本の世紀末から』(新潮社, 1996年)
  • プーチンのロシア――法独裁への道』(NTT出版, 2000年)
  • 『現代ロシアを読み解く――社会主義から「中世社会」へ』(ちくま新書, 2002年)
  • 『世のおきてに叛いて 母・八重子その沈黙の数奇な運命』(桜美林大学北東アジア総合研究所 北東アジア新書, 2014年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『もっと知りたいソ連』(弘文堂, 1988年)

共編著[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本国際フォーラム 評議員・役員等
  2. ^ 佐藤優 『国家の罠』 新潮文庫、2008年11月1日、180,341,344頁。 
  3. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  4. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]