袴腰トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
袴腰トンネル
P1080382.jpg
袴腰トンネル五箇山インター側入り口付近の標識(2007年9月30日撮影)
概要
位置 富山県の旗 富山県南砺市
座標 北緯36度25分40秒
東経136度52分30秒
座標: 北緯36度25分40秒 東経136度52分30秒
現況 供用中
所属路線名 E41 東海北陸自動車道
起点 富山県南砺市漆谷
終点 富山県南砺市上田外26ケ村入会地
運用
開通 2000年平成12年)9月30日
通行対象 自動車
技術情報
全長 5,939 m
道路車線数 2車線(片側1車線)
設計速度 80 km/h (規制速度 : 70 km/h)
テンプレートを表示

袴腰トンネル(はかまごしトンネル)は、富山県南砺市にある東海北陸自動車道トンネル。全長5,939 m。専用の避難用トンネルの完成により、火災時などの避難経路が確保されている。

概要[編集]

  • 五箇山IC福光ICの間にあるトンネルの1つである。この間には1,000 m級の山地がそびえている工事の難所であった。
  • 小矢部砺波方面に城端トンネル (3,196 m) がある。2つのトンネルの間はほとんどない。そのためトンネルが9 km以上にわたって続くことになるので運転には細心の注意が必要である(特に著しい速度超過の時には、トンネル内の情報板による警告がある)。
  • トンネル内には袴腰トンネル入口から城端トンネル出口までの距離が1 kmおきに側面のタイルに表示されているが、小さく確認しづらい。
  • 事故・火災・故障車両発生などの緊急時に備え、トンネル入口にはトンネル用信号機が設置されている。

通行制限[編集]

袴腰トンネルを挟む五箇山IC - 福光IC間は、石油・薬品などを積載したタンクローリーなどの危険物積載車の通行は禁止されている[1]。このため危険物積載車は国道156号国道304号を利用して迂回する必要がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ほかに東海北陸道では、トンネルを内包する清見IC - 白川郷IC間でも同じ措置が取られている。

関連項目[編集]