裏マルハーゲ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

裏マルハーゲ帝国(うらマルハーゲていこく)は、漫画ボボボーボ・ボーボボ』『真説ボボボーボ・ボーボボ』に登場する架空の組織。

裏マルハーゲ帝国[編集]

『闇皇帝編』に登場。4世世代のマルハーゲ帝国に逆らった者達が、闇の世界の監獄に入れられる。その者達が反乱を起こしハイドレートを中心に裏マルハーゲ帝国を築いた。この物語で言う第三勢力的な存在。裏マルハーゲ四天王やハイドレートの右腕、左腕達はボーボボ達や現四天王や旧毛狩り隊隊長達が苦戦を強いられ、果てには手も足も出ない程の強さを誇る。

ハイドレート
声優 - 千葉繁
裏マルハーゲ帝国の皇帝で闇皇帝を名乗る。足の裏真拳の使い手で、その正体はツル・ツルリーナ4世の弟。30歳。
産まれたその日からツルリーナ4世と帝王と下僕として区別され育てられる。4世に認められようと、地雷ダンディの修行を8年耐え抜き足の裏真拳を会得するが、4世に「皇帝に足の臭い弟はいらない」と闇の世界へと追放される。
その後、闇の世界で裏マルハーゲ帝国を作り上げ、裏マルハーゲ四天王により闇の世界から解放され5代目帝王となろうとしたが、鼻毛三大極意の一つ「毛深一天」の前に敗れ去る。足の裏真拳は4世に「全人類を一瞬にして死に追いやるあの真拳」と評されるほどの力であり、彼が強いのは確かだったが裏マルハーゲ帝国の皇帝とは思えない程のギャグっぷりだった。
ニャンニャンアーマー(猫柄のパジャマ)、油あげアーマー(ふんどしと油揚げ製ブラジャー)という絶大な防御力を誇る伝説の鎧二つと、闇皇帝の鎧「ダーク・ネクロス」を所持。見た目がまともな鎧はダーク・ネクロスだけだが、本人は最後の手段と使いたがらない。
作中では自らを「ツル・ツルリーナ5世」と名乗っていたが、本当の意味での5代目は『真説』に登場する「世の中ナメ郎」である。
名前の由来はメタンハイドレートから。

側近[編集]

ベベベーベ・ベーベベ
ハイドレートの左腕。ボーボボの兄。スネ毛真拳の使い手。
白狂(アニメでの名前は白凶
声優 - 金子英彦
ハイドレートの右腕。手術(オペ)真拳の使い手。
普段は無口だが、手術モードに入ると猟奇的で赤ちゃん言葉になる。「殺戮のカタルシス白狂」と呼ばれ、少年時代にソフトンの故郷バビロン界で殺戮の限りを尽くした。
呪われた体「ドール・ガバック」を持ち、自分の体に組み込まれた人形を傷つける事で敵にダメージを与える。
パッチボボをも苦しめたが、ドール・ガバックをパッチボボの物質ハジケ融合でやっくんとドール・ガバックを隙をついて融合され封じられたため、その怒りで3狩リアを放棄し周りにメスを放った。ボーボボ一行に無差別攻撃を加え13対1のバトルになり、最後はボーボボに敗れる。

裏マルハーゲ四天王[編集]

ハロンオニ
声優 - 阪口大助
裏マルハーゲ四天王の一人。ソード闇拳の使い手。悪魔のような尻尾が生えた少年の姿をしている。仲間を道具のように使う冷酷さを持つ。 また、闇拳を解放することにより闇継承の儀を行い、能力を強化することが出来る(これは他の裏マルハーゲ四天王も同様)。闇継承の儀を行った後は翼が生えた青年の姿をしたハロンオニ2になる。怒んパッチの「おやびんラッシュ」で倒された後コパッチとなり(倒された時に「もし生まれ変われるなら、この人(首領パッチ)についていきたい」と願ったため)、ハジケ組に加わる。
クリムゾン
声優 - 三宅健太
裏マルハーゲ四天王の一人。三つ目闇拳の使い手。
相手を映画の世界に引き込む奥義「シネマティックアワー」によりボーボボ達を苦戦させるが、金天ボが融合するコマとコマの間で瞬殺され、その後はある種のツッコミ役に回された。鼻毛真拳3強融合奥義「ラスベガス・ナイト・ドリーム」に敗れ、金天ボの生み出した「カジノ・ワールド」でツーガンG、しぇふりん♥ともども従業員として一生働く事になった。『真説』では3世の真拳狩りに1コマだけ登場している。
金天ボの強大さに「闇継承の儀をしても勝ち目が無い」と判断したため第2形態(クリムゾン2)の外見は不明だが、単行本第18巻に読者が投稿した第2形態の予想図が掲載されており、この絵が作者のコメント欄で「これに決定!」と絶賛されている。
LOVE
声優 - 大本眞基子
裏マルハーゲ四天王の一人。お色気闇拳の使い手。
普段は私服だが、戦闘時はボンデージ衣装に着替え鞭を振る。いい男と筋肉が大好きで、この世の全ての男を筋肉づけにしようと目論んでいる悪趣味な変態。おにぎり型の頭に手足を生やしたニクニク星人二体が部下。
闇継承の儀を行うと鳥類の怪獣の姿をしたLOVE2になる。魚雷ガールの解放された奥義フォーリング魚雷2004に敗れる。

3ぶくろ[編集]

裏マルハーゲ四天王の一角。その名の通り3つの袋で、3体で1組。3体で3袋闇拳を使う。構成は以下の3体からなる。

おやじ袋
声優 - 平井啓二
3ぶくろの一人。ヒゲ面の袋。ハイドレートを闇の世界から解放すべく生贄を集めに地上に出た際、ろくに見せ場もないままボーボボの怒声により破裂した。直後、仲間によって葬儀が行われている。後に闇継承の儀で3ぶくろ2に変身するためパワーアップのきっかけとなるが、田ボに敗北する。
ぶりっこ袋
声優 - 中友子
3ぶくろの一人。ボーボボ達を生贄として出頭させるため、「お楽しみ袋」の地上爆弾(アニメでは隕石)により地球を崩壊させる規模の無差別破壊を巻き起こした。怒りを買ったボーボボの「鼻毛ソード」で一刀両断にされる。その際、中にせんべいやお菓子が入っているのが確認できる。後に闇継承の儀で3ぶくろ2となるが、田ボに敗北。
タコチュー袋
声優 - 西村知道
3ぶくろの一人。タコ口の袋。「当たり棒」や「カッポンさん」といった奥義を駆使する。戦いに敗れたぶりっこ袋とおやじ袋を集め、闇継承の儀をとり行い、手抜きとしか言いようのない姿をした3ぶくろ2となった。その後、田ボに敗北。

裏毛狩り隊[編集]

シャンメリ
裏Aブロック隊長。ベーベベと3狩リアを組む。ベーベベのスネ毛に仕える弟子。ベーベベに対しては忠誠心を持っているようだが、いつの間にか戦闘からフェードアウトした。ちなみに総登場シーンは5コマ(ハイドレートの回想を含む)。
電柱
裏Bブロック隊長。ベーベベと3狩リアを組む。ベーベベのスネ毛に仕える弟子。その名の通り電柱そのものだが、立派なキャラである。途中でいなくなったシャンメリと違い、ベーベベ戦終了後、田楽マンの運転する車が衝突するシーンがある。
分銅様
裏Cブロック隊長。白狂と3狩リアを組む。押し入れに存在する日本妖怪。その名の通り頭部が分銅になっている。重さ1000トンを誇り、ゴミの分別が趣味。白狂が3狩リアを放棄したことで、戦闘に参加した破天荒達に倒された。
ナイチンガール
裏Dブロック隊長。白狂と3狩リアを組む。看護師の格好をしている。白狂に武器のメスを供給していたが、白狂が3狩リアを放棄したことで、戦闘に参加した魚雷ガール達に倒された。
ツーガンG
裏Eブロック隊長。クリムゾンと3狩リアを組む。隻眼で、両手に銃を装備している。
しぇふりん♥
裏Fブロック隊長。クリムゾンと3狩リアを組む。コック帽を被っている。どこか抜けた性格。ボーボボとの早撃ち対決を受けて立つが、ルールの説明中に流れ弾で重傷を負い、ビュティに「闇の中にもバカな人いたんだ!」と認識させた。
ニクニク星人
裏G、Hブロック隊長。LOVEと3狩リアを組む。両方共オニギリに両手足が生えた姿をしている。首領パッチの鬼の5段蹴りに敗れる。
スリム
声優 - 藤本たかひろ
ハロンオニの部下。体内に巨人を飼っており「カレーパン」という呪文で体内から巨人を出し、腕を巨大化させる。ハンペンと戦い、戦況が押されていることからハロンオニのソード闇拳「ナパーム」で始末される。