裏松光世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
裏松光世
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文元年11月11日1736年12月12日
死没 文化元年7月26日1804年8月31日
改名 光世→固禅(法名)
主君 桃園天皇
氏族 烏丸家裏松家
父母 父:烏丸光栄、養父:裏松益光
兄弟 烏丸尹光、日野資総、勘解由小路資望、光世日野資枝、烏丸光胤室、松平定賢継室
恭光、直子、周子
テンプレートを表示

裏松 光世(うらまつ みつよ)は、江戸時代中期から後期にかけての公家有職故実家内大臣烏丸光栄の五男。裏松益光の養子。法名は固禅。裏松家5代当主。

経歴[編集]

思想家竹内敬持と往来があり、宝暦事件に連座し、江戸幕府の忌諱にふれ遠慮という処分を受け2年後「所労と称し出仕致さざる事」との沙汰で永蟄居を命ぜられ、出家させられた。30年の蟄居生活の間に『大内裏図考證』を著した。天明8年(1788年内裏が焼失し、その再建にあたり、その著書の考證を参考とする事となり、その功により、勅命により赦免される。褒賞として錦5把、銀10枚を下賜された。

『大内裏図考證』[編集]

当初和装14冊。構成については、10冊程度を合冊し一まとめにしているものなど著作者が諸巻について検討を加えておらず、現存の伝本の冊数構成[1]はまちまちである。天明8年(1788年)上梓、寛政9年(1797年)朝廷に献上。藤原貞幹も助力したという。「故実叢書」所収。「増訂故実叢書」所収。

大内裏研究の第一の書。平安京左右両京の区画制度、離宮、摂関の邸第などから書き始めて、大内裏構内の諸殿舎に関して綱をあげ、目をわかち、古図旧記を掲げて例証し詳しく解説する。

朝堂院の付録として大嘗宮に関する考証を載せ、紫宸殿清涼殿の付録として両殿内の調度を記すなど、関係事項を網羅し、すこぶる用意周到である。

奇しくも刊行された年に発生した天明の大火により皇居が炎上したが、寛政2年(1790年)、新造内裏が古制に復することができたのは、光世の功績が絶大であった。

ただし、大内裏図など一部に不備な点があり、天保年間にこれを惜しんだ尾張藩徳川斉朝の命を受けた内藤広前によって補訂が行われている。

また、橋本義則は光世の努力を認めつつも、彼が余りにも多くの古今の書籍を参照してしまったために、内裏の歴史的変遷(内裏は何度も火災で焼失しており、全く同じ構造の建物が再建された訳ではない)という視点が欠落してしまい、結果的にかつてどの時点においても実在したことのない内裏図が出来てしまったと批判している[2]

系譜[編集]

  • 父:烏丸光栄
  • 母:不詳
  • 養父:裏松益光
  • 妻:不詳
    • 男子:裏松恭光
    • 女子:直子 - 正姫、度会房光室
    • 女子:周子

脚注[編集]

  1. ^ 朝廷に裏松光世本人が献上した書籍は、30巻50冊で、櫃と共に宮内庁書陵部に架蔵されている。
  2. ^ 橋本義則『古代宮都の内裏構造』(吉川弘文館、2011年) ISBN 978-4-642-02481-5 P1-2

資料[編集]