複合タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

複合タンパク質(ふくごうたんぱくしつ、英語: conjugated protein)は、タンパク質分類の一つで、加水分解によりアミノ酸以外にも他の化合物を生成するタンパク質のことである。ムチンヘモグロビンカゼインなどがそれに該当する。

複合タンパク質の種類[編集]

複合タンパク質は、非アミノ酸部分における化学的な性質により以下の種類に分類される。

タンパク質の分類[編集]