複合三部形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

複合三部形式(ふくごうさんぶけいしき)は、楽曲楽式のひとつである。唱歌形式をそれぞれ組み合わせたもの。又は、三部形式を大きく発展させたもの。

三部形式(下図)

A

B

A(')

の各部が、さらにいくつかの部分から構成されたものをいう。

この記事の図において、Aなどの記号は旋律を表し、同じ記号(A'とA')はその旋律が同一であること、プライム(')の有無は、類似していること、異なる記号(AとB)は異なっていることを示す。


複合三部形式は、複楽章を持つ楽曲の中間楽章ないし終楽章の他、古典派以降の多くの器楽曲に見られる。

その最も基本的なものは、各部が二部形式、または三部形式となったものである。例えば、各部が三部形式となったものは、

主部

中間部

主部

A

B

A

C

D

C

A

B

A

となる。 上の表で、「主部」の語は定まった言い方ではない。また、中間部を「トリオ」(Trio)と呼ぶことが多く、多くの曲で中間部の冒頭にTrioと書かれている。

またこの規模の楽曲では、曲の前後に序奏結尾部Coda(コーダ)を加えているものがある。発達したコーダの中には、中間部の再現を行うものも多い。

序奏

主部

中間部

主部

コーダ

A

B

A

C

D

C

A

B

A

2回の主部は若干違っているもの、2回目に装飾の付けられているものもあるが、全く同じであることも多い。全く同じ場合には、D. C.ダ・カーポ)やD. S.ダル・セーニョ)を使って略記する場合がある。

主部 Fine 中間部 D. C.

習慣的な反復記号は、主部や中間部ごとに、それぞれの要素に付けられることが多い。この場合、多くは2回目の主部には反復記号が付けられない。

反復開始 A 反復終了と反復開始が背中合わせの記号 B A 反復終了と反復開始が背中合わせの記号 C 反復終了と反復開始が背中合わせの記号 D C 反復終了 A B A (各部が三部形式の曲の場合)

D. C.D. S.を使っている場合には、D. C.D. S.で戻った後(2回目の主部)反復記号を無視する。舞曲の場合には、2回目の主部を除き、習慣的な反復記号を省略しないで演奏するのが通例である。


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
大下容子 ロイヤルホールディングス 金子千尋 荻野目洋子 白鵬翔 銃夢 木村了 有田芳生 ONE OK ROCK のぞみ (列車) 水卜麻美 大江麻理子 ラニーニャ はるな愛 有働由美子 ボルボ・XC60 加藤綾子 大沢樹生 貴乃花 赤染晶子
「複合三部形式」のQ&A
1  ノクターンの定義について
2  チャイコフスキー 弦楽四重奏第1番 二楽章の…
3  和声進行からのクラシック作曲
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について