核相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

核相(かくそう)とは、細胞核内の染色体の構成の状態を指す用語[1]

例えばヒト体細胞では通常、母親からの23本、父親からの23本、それぞれ染色体が存在するが、これらは1番染色体で1組(2本)、2番染色体で1組(2本)、という風に組となって構成されており、この場合「核相は複相(ふくそう)である」や「核相は 2n=46 である」と表現される[2]

一方、同じ種のヒトであっても生殖細胞においては、その生成過程で減数分裂が行われることから、1番染色体は1本、2番染色体は1本、という風な構成となっている。これを指して「核相は単相(たんそう)である」や「核相は n=23 である」と表現される[2]

出典[編集]