西シベリア鉄道支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロシア鉄道西シベリア鉄道支社
Филиал ОАО «РЖД» - Западно-Сиби́рская железная дорога
Transib Novosibirsk.jpg
ノヴォシビルスク駅
設置 1961年
(ソビエト社会主義共和国連邦運輸通信省)
支社所在地 ロシアの旗ロシア連邦
ノヴォシビルスク市
電信コード ЗСиб
路線総延長 6,000km

西シベリア鉄道支社ロシア語: Западно-Сиби́рская железная дорога)は、ロシア鉄道公開株式会社の支社(Филиал ОАО «РЖД»)の一つであり、1961年に創設された。シベリア連邦管区に属するオムスク州ノヴォシビルスク州ケメロヴォ州トムスク州アルタイ地方のロシア鉄道線を管轄する。2012年11月29日以降はレゲル・アブラモビッチが支社長である[1]

歴史[編集]

チェリャビンスク - クルガン - オムスク - オビ川間の1408kmの鉄道は国庫の支出で1892年から1896年にかけて建設された。ロシア帝国鉄道省の管理下に置かれ、シベリア鉄道の本部はチェリャビンスクに設置された。1913年にはオムスク鉄道局が設立され、シベリア鉄道もこちらに移管された。1915年にはトムスク支線が建設され、1934年5月3日にソ連鉄道省によって出された政令により、トムスク支線は東シベリア鉄道局の管轄となった。

1940年10月20日にオムスク鉄道局はカラガンダ鉄道局の一部になった。1961年5月9日にはオムスク支局とトムスク支局が合併して「西シベリア鉄道局」が設立された。1979年に西シベリア鉄道局はケメロヴォ鉄道局の一部になったが、1996年には西シベリア鉄道局が設置された。なお、西シベリア鉄道支社の本部ビルは1936年に建設された。

路線[編集]

参照[編集]