西ドイツ国鉄420形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西ドイツ国鉄420系電車
Et420plus 420400.jpg
基本情報
運用者 ドイツ連邦鉄道
ドイツ鉄道
製造所 MAN, WMD, LHB(リンケ・ホフマン・ブッシュ), MBB, O&K(コッペル), Uerdingen, WU(ワゴンユニオン)
製造年 1969年 - 1997年
製造数 480編成
主要諸元
編成 3両編成
軸配置 Bo'Bo'+Bo'Bo'+Bo'Bo'
軌間 1,435 mm
電気方式 交流15kV, 16.7Hz
最高速度 120 km/h
編成定員 2等194人(座席) + 1等33人
編成重量 129 t 空車時 / 138 t 積車時
編成長 67.4 m
長さ 先頭車 23,300 mm
中間車 20,800 mm
3,020 mm
駆動方式 吊り掛け駆動方式
編成出力 2,400 kW
テンプレートを表示
運転席

西ドイツ国鉄420形電車(DB Baureihe 420)は旧西ドイツ国鉄(DB)のSバーン向け電車である。1969年から1997年にかけて合計480編成が製造され、初導入のミュンヘンSバーンをはじめ、シュトゥットガルトSバーンライン=マインSバーンフランクフルト・アム・マインなど)、ライン=ルールSバーンデュッセルドルフケルンなど)に導入された。

1972年ミュンヘンオリンピックの開催に合わせて開業したミュンヘンSバーン向けに開発された経緯から、「オリンピック電車」(Olympiatriebwagen)とも呼ばれる。

概要[編集]

交流15,000V,16.7Hz・架線集電式の交流型電車で全電動車の3両固定編成である。制御方式はサイリスタ位相制御で最高速度は120km/h。出力200kWの直流整流子電動機を1両に4機搭載する。駆動方式は吊り掛け駆動方式、台車はミンデン式である。

車体は、先頭車は鋼製、中間車はアルミ製である。先頭車も車体番号420 131からアルミ製となった。全長は中間車が20,800mm(連結器中心間)、先頭車は運転台の分長い23,300mm(同)で、全幅は2,900mm(最大3,020)である。側面には客用の両開き式の扉が4つあり、扉間に2段式の窓が2枚ある。妻面には窓がなく貫通路も存在しない。前面は曲面ガラスを用いた2枚窓で、3つの前照灯と、窓上に方向幕も持つ。

車内は先頭車の車端部を除き、全席ボックスシートで扉間に片側2組が配置される。

車体の塗装は明るい灰色に窓周りをオレンジ、青などに塗り分けたものであったが、1990年代後半にドイツ鉄道のコーポレートカラーである「交通赤色」(Verkehrsrot)に一部白を配したものに塗り替えられた。

なお、シュトゥットガルトに配備されている末期に製造された編成は「ET 420 Plus project」に基いて、2006年頃より車両の更新工事が行われた。冷房設備の追加、行先表示のLED化などの旅客案内装置の改良、座席の取替えなど423形電車に準じた設備改良が施されている。

運用[編集]

本車は使い勝手の良いSバーン用高性能電車として、上述のように旧西ドイツ各地に投入された。1編成単独3両の短編成(Kurzzug)、2編成併結6両の中編成(Vollzug)、3編成併結9両の長編成(Langzug)のいずれかで運行された。しかしトイレ設備を持たないため、長距離路線があるライン・ルール地区では再び客車列車方式に戻されている。

1998年に新型の423形電車が登場し、420形は初期に製造された編成から廃車が進められている。ミュンヘンSバーンでは2004年頃までに置き換えが完了し、ライン・マインのS8・9系統やシュットゥットガルトでも430形の導入で2016年までに撤退している。一方で車両不足を補うため420形が再導入された地域もあり、他都市からの転属によりライン=ルール地方では2004年に、ミュンヘンでは2014年よる420形の運用が再開されている。

廃車になった車両のうち、421 001編成は、現在ニュルンベルクのDBミュージアムで展示されている。また、一部はスウェーデンストックホルムの都市圏鉄道用に売却され、X420形電車として使用された。しかし、使用されたのは2002年-2005年と短期に終わった。

参考文献[編集]

  • 「Es begann mit Olympia」、eisenbahn magazine、デュセルドルフ・Alba、2004年9月