西三河農業協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西三河農業協同組合
JA Nishimikawa Head Office.jpg
本店・西尾支店
統一金融機関コード 6560
法人番号 2180305007274
代表理事組合長 名倉正裕
店舗数 23
(2014年3月31日現在)
設立日 2000年4月1日
組合員数 17,141人(正組合員 9,062人、准組合員 14,740人)
(2014年3月31日現在)
本店
所在地 〒445-0073
愛知県西尾市寄住町下田15
北緯34度51分43.7秒
東経137度3分39.2秒
座標: 北緯34度51分43.7秒 東経137度3分39.2秒
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

西三河農業協同組合(にしみかわのうぎょうきょうどうくみあい)は、愛知県西尾市に本店を置く農業協同組合。2000年に西尾市と当時の幡豆郡一色町吉良町幡豆町にある5つの農協(西尾市・西尾福地・一色・吉良・幡豆)が合併してできた。

運営する施設には、東海地区随一の規模を持つ緑花木総合センター西尾市憩の農園西尾市バラ園などがある。

概要[編集]

主要農作物[編集]

  • あきたこまちコシヒカリ・あいちのかおりなどの品種を生産し、地元産コシヒカリ100%の米を「矢作の恵」のブランド名で販売している。
  • 小麦
    きぬあかり・イワイノダイチ・農林61号の3品種を主に栽培し、愛知県産小麦の生産量の3割を担う。
  • 大豆
    主にフクユタカを栽培。岡崎名産の八丁味噌の原材料としても使用される。
  • イチゴ
    章姫・とちおとめ・紅ほっぺの3品種を栽培。
  • 幸水・豊水・新高などの品種を生産し、品質の向上と品揃えを徹底させ「三河梨」のブランド化を進めている。
  • イチジク
    露地物の出回る8月中旬〜10月上旬だけでなく、ハウスでの生産で3月下旬〜8月上旬にも出荷している。
  • カーネーション
    管内は全国有数の産地として知られ、JAでの共選出荷も行われている。市町村別出荷数量では一色町が全国トップクラスで、年間2000万本以上である。
  • バラ
    西尾市の花にも選定されているバラは、ローテローゼ・ノブレス・ゴールドストライク・パレオ・リトルマーベル・マニッシュなどの品種が栽培され、1年を通じて約950万本が出荷される。
  • 洋ラン
    洋ランの総合産地として評価は高く、ファレノプシス(胡蝶蘭)・デンファレ・デンドロビュームオンシジュームなどの品種を栽培しているが、特にファレノプシスは年間140万鉢の生産量で、全国トップの産地である。
  • 観葉植物
    ポトス・クロトン・デフェンドギア・ミニ観葉などを生産し、愛知県の出荷量は全国一であり、その一翼を担う。
  • 和物
    万両千両モミジなどの花木やトキ草、フウランなどの東洋ラン、イチジク、金柑などの実付き果樹を観賞用に鉢上げしたものを和物といい、西尾市が命名の地である。1年を通じて100種類以上で約160万鉢が出荷される。
  • 鉢花
    シクラメン・セントポーリア・ベゴニアブーゲンビリアガーベラなど40種類を生産する。

指定金融機関[編集]

  • 西尾市
  • 安城市(収納代理金融機関として指定)

店舗・施設[編集]

店舗[編集]

Aコープ[編集]

Aコープ事業は2013年4月1日に(株)Aコープあいちへ経営移管。

産直販売[編集]

西尾市憩の農園、グリーンセンター一色店、グリーンセンター幡豆店、吉良農産物直売所、さかなセンター

営農センター[編集]

高河原センター、小牧センター、野々宮センター、池田センター、西部センター、東部カントリーエレベーター、南部カントリーエレベーター

給油所[編集]

福地SS、一色西部SS、吉良南部SS、セルフ上矢田SS、セルフ一色SS、セルフ横須賀SS、セルフ幡豆SS ※給油所事業は2013年10月1日に株式会社JAあいちエネルギーへ経営移管。

その他[編集]

旅行センター、LPG販売所、農機自動車センター、(株)西農開発

関連項目[編集]

日本の農業協同組合一覧