西三雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西 三雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県海南市
生年月日 (1938-09-19) 1938年9月19日
没年月日 (2017-04-05) 2017年4月5日(78歳没)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年8月25日
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

西 三雄(にし みつお、1938年9月19日 - 2017年4月5日[1])は、和歌山県海南市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

元プロ野球選手の西五十六は実兄、西俊児は甥。

経歴[編集]

実家はみかん園で、三人兄弟の末っ子。大成高校卒業後の1957年丸善石油へ入社し、業務課資材係で勤務する傍ら、兄の五十六と共に主戦投手として活躍。入社1年目から4年連続で都市対抗に出場し、1957年の大会は2回戦の日鉄二瀬戦で初勝利を挙げる。2年目の1958年には肋間神経痛で不調に終わったが、3年目の1959年には四国予選準決勝の東レ愛媛戦でノーヒットノーランを達成し、本大会ではエースとして3勝を挙げ、チームの初優勝に貢献したと共に橋戸賞を獲得。都市対抗以外では1年目の秋に行われた産別対抗で優勝投手となったほか、4年目の1960年には社会人全日本チームに選出されて米国遠征に参加。大毎大洋広島近鉄阪急の5球団が目を付けていたが、1962年の大会日本生命との準決勝に敗れた後、大毎オリオンズへ入団。大会から僅か3週間後の8月25日西鉄戦(東京)で一軍初登板を果たすと、10月1日東映戦(東京)でプロ初勝利を挙げる。1963年には自己最多の47試合に登板して2完封を含む6勝を挙げたが、1964年から1965年にかけてはビハインドリリーフが与えられる役割の中心となり、ローテーションの谷間では先発も務めた。1964年は8月25日の東映戦(東京)で完投勝利に加えてダメ押しのソロ本塁打を放ち、1965年には4月25日の東映戦(東京)で完投勝利の傍ら二塁打を含む2安打、7月25日の阪急戦(西宮)ではリリーフながら二塁打を含む2安打を記録。1966年には鈴木隆とのトレードで大洋へ移籍。2年間で9勝を挙げ、9勝中7勝は広島戦という「鯉キラー」ぶりを発揮。1968年にオリオンズへ復帰したが、この年に現役を引退。

引退後はロッテのスコアラー兼打撃投手(1969年 - 1972年)を経て、太平洋・クラウン・西武でスコアラー(1973年 - 1975年)、二軍投手コーチ(1976年, 1978年 - 1980年, 1984年 - 1988年, 1992年 - 1993年, 1996年 - 1997年)、一軍投手コーチ(1977年)、二軍育成コーチ(1995年)、四国地区担当スカウト(1982年 - 1983年, 1989年 - 1991年, 1994年)を務めた。

2017年4月5日午前8時32分、肺炎に伴う呼吸不全により死去。享年78歳。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 大毎
東京
10 5 0 0 0 2 1 -- -- .667 144 33.0 38 3 8 0 0 27 0 0 19 16 4.36 1.39
1963 47 17 2 2 1 6 9 -- -- .400 619 151.0 131 15 37 3 6 95 1 0 65 51 3.04 1.11
1964 42 9 1 0 0 5 6 -- -- .455 491 123.2 103 16 31 3 1 67 3 0 37 32 2.32 1.08
1965 38 6 1 0 0 4 3 -- -- .571 389 92.1 91 8 28 1 1 57 1 1 38 34 3.33 1.29
1966 大洋 23 4 1 0 0 5 2 -- -- .714 222 54.1 44 5 15 1 1 23 1 0 25 23 3.83 1.09
1967 23 2 0 0 0 4 3 -- -- .571 229 55.1 50 4 15 0 1 39 0 0 24 21 3.44 1.17
1968 東京 5 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 47 9.1 16 2 3 1 0 4 0 0 11 4 4.00 2.04
通算:7年 188 43 5 2 1 26 25 -- -- .510 2141 519.0 473 53 137 9 10 312 6 1 219 181 3.14 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 58 (1962年)
  • 16 (1963年 - 1965年)
  • 22 (1966年 - 1967年)
  • 16 (1968年)
  • 78 (1976年 - 1980年)
  • 86 (1984年 - 1988年)
  • 84 (1992年 - 1993年)
  • 89 (1995年 - 1997年)

脚注[編集]

関連項目[編集]