西二見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西二見駅
南口
南口
にしふたみ
Nishi-futami
SY 25 東二見 (1.3km)
(1.3km) 播磨町 SY 27
兵庫県明石市二見町西二見1481-2
駅番号 SY 26
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 28.6km(西代起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,825人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 2004年平成16年)8月21日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

西二見駅
配線図
凡例

東二見駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl BUILDING
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

播磨町駅

西二見駅(にしふたみえき)は、兵庫県明石市二見町西二見にある、山陽電気鉄道本線駅番号SY 26。2017年現在、山陽電鉄で最も新しい駅である。[2]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。改札は地下にあり、駅出入口は線路南北の自由通路を兼ねている。開業当初から無人駅となっているが、緊急時に備えてか改札窓口自体は設けられている。改札階からホームへはエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

(南側) 本線(下り) 高砂姫路網干方面
(北側) 本線(上り) 明石三宮大阪方面

※のりば番号は設定されておらず「下り線」「上り線」と呼称される。

駅周辺[編集]

駅南側では、マンション建設工事等、宅地開発が行われている。

接続バス路線[編集]

山陽バス
70系統 明石西高校前経由 JR土山駅南口行/南二見行
71系統 明石西高校前・JR土山駅南口経由 東二見方面/南二見行
神姫バス
西二見・土山駅・上新田北口経由 厄神前行
西二見・土山駅・稲美中央公園経由 上新田北口行
古宮経由 播磨町駅行
Tacoバス
(12) 西岡東ルート 二見市民センター・ふれあいプラザあかし西・ぼたん寺口・山陽魚住駅経由 JR魚住駅
(16) 二見・右回りルート 二見中学校・中ノ又経由 JR土山駅南口行
(17) 二見・左回りルート 城之上西・二見市民センター・山陽東二見駅・イトーヨーカドー・西二見駅(当駅)・岡の下経由 JR土山駅南口行

利用状況[編集]

乗降者数 5,023人(2009年11月10日調査)
駅建設時には3500人/日の乗降者数を見込んでいた。
以下に各年の乗車人員を示す。

年度 乗車人員総数 内 定期利用者数 出典
人/日 増減 順位 人/日 増減 利用率 順位
2004(H16) 964 39/49 496 51.42% [4] [5] [6] [7] [8] [9]
2005(H17) 1,668 73.01% 24/49 1,033 108.29% 61.90% [4] [5] [6] [10] [8] [9]
2006(H18) 1,882 12.81% 22/49 1,189 15.12% 63.17% [4] [11] [6] [10] [8] [9]
2007(H19) 2,041 8.44% 18/49 1,307 9.91% 64.03% [12] [11] [13] [10] [8] [9]
2008(H20) 2,142 4.97% 18/49 1,405 7.55% 65.60% [12] [11] [13] [10] [8] [14]
2009(H21) 2,244 4.73% 16/49 1,581 12.48% 70.45% [12] [11] [13] [10] [8] [14]
2010(H22) 2,290 2.08% 17/49 1,523 -3.64% 66.51% [12] [11] [13] [15] [8] [14]
2011(H23) 2,301 0.48% 17/49 1,512 -0.72% 65.71% [12] [16] [13] [15] [17] [14]
2012(H24) 2,310 0.36% 16/49 1,501 -0.72% 65.01% [18] [16] [13] [15] [17] [14]
2013(H25) 2,425 4.98% 16/49 1,570 4.56% 64.75% [18] [16] [19] [15] [17] [20]
2014(H26) 2,466 1.69% 15/49 1,562 -0.52% 63.33% [18] [16] [19] [21] [17] [20]
2015(H27) 2,679 8.67% 13/49 1,677 7.37% 62.58% [18] [16] [19] [21] [17] [20]
2016(H28) 2,732 1.94% 12/49 1,688 0.65% 61.79% [18] [22] [19] [21] [17] [20]
2017(H29) 2,825 3.41% 13/49 1,737 2.92% 61.49% 13/49 [23] [22] [19] [21] [17] [20]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
特急・直通特急
通過
S特急・普通
東二見駅 (SY 25) - 西二見駅 (SY 26) - 播磨町駅 (SY 27)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「鉄道記録帳」『RAIL FAN』第51巻第11号、鉄道友の会、2004年11月号、 27頁。
  2. ^ なお、山陽電鉄での新駅開業は1964年の霞ヶ丘駅以来40年ぶりであった。ただし、霞ヶ丘駅は実質的には歌敷山駅を移転したものであり、駅の廃止を伴わない純然たる新駅としては1947年の須磨浦公園駅以来57年ぶりであった。
  3. ^ a b “近畿・四国小売流通特集:大型商業施設の出店加速、大手対地元競争の構図鮮明に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年9月1日)
  4. ^ a b c 『第84回 神戸市統計書(平成19年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成20年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.127-128
  5. ^ a b 明石市統計書 平成18年版(2006年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  6. ^ a b c 播磨町統計書 2007年(平成19年) p.28 -(9.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  7. ^ 加古川市統計書 平成17年度版(2005年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  8. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成23年版』 高砂市企画総務部総務課、平成24年2月発行、p.47
  9. ^ a b c d 姫路市統計要覧 - 平成20年(2008年)版 10.運輸・通信
  10. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成22年度版(2010年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  11. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成23年版(2011年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成24年3月発行、p.218 (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  12. ^ a b c d e 第89回神戸市統計書 平成24年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  13. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2013年(平成25年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  14. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成25年(2013年)版 10.運輸・通信
  15. ^ a b c d 加古川市統計書 平成26年度版(2014年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  16. ^ a b c d e 明石市統計書 平成28年版(2016年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  17. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成30年版』 高砂市企画総務部総務室総務課、平成30年2月発行、p.47
  18. ^ a b c d e 第94回神戸市統計書 平成29年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  19. ^ a b c d e 播磨町統計書 2018年(平成30年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  20. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成30年(2018年)版 10.運輸・通信
  21. ^ a b c d 加古川市統計書 平成30年度版(2018年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  22. ^ a b 明石市統計書 平成30年版(2018年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  23. ^ 第95回神戸市統計書 平成30年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)

関連項目[編集]