西光寺 (船橋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
西光寺
Funabashisaikouzi-hondo.jpg
西光寺本堂
所在地 千葉県船橋市坪井町480番地
位置 北緯35度44分27.76秒
東経140度3分43.47秒
山号 熊野山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 不詳(鎌倉時代には創建済)
開基 不詳
札所等 吉橋組大師巡り17番(本堂)・46番(阿弥陀堂)
テンプレートを表示

西光寺(さいこうじ)は、千葉県船橋市坪井町にある寺院真言宗豊山派

沿革[編集]

坪井町が開拓された平安時代から1230年寛喜2年)に薬師如来が作られるまでの間に、貞福寺(八千代市)の末寺として作られた。旧本尊は薬師如来であった(昭和39年頃に再建し、そのときの碑もある)。足利の時代に作られたとされる如意輪観世音は今でも残っている。また戦国時代に近くにあった坪井城と大きく関係しており、この寺の裏手にある高い土手に身を隠していたともされる。江戸時代の墓石(安永寛政文化などと彫られている)も境内にあり、盛んであったと思われる。

阿弥陀堂も残っており、江戸末期からの吉橋組大師巡りの中で本堂が第十七番札所に、阿弥陀堂が第四十六番札所になっている。

その他[編集]

薬師如来秘仏があり、拝むと目の病気が治ると云われている。

参考文献[編集]

  • 「資料館だより第45号 坪井」船橋市郷土資料館、昭和63年12月15日発行
  • 「坪井町の森」滝口昭二 宮本公民館 平成9年11月8日発行
  • 「坪井町の民家」船橋市教育委員会 昭和57年3月31日発行