西加奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
西 加奈子
(にし かなこ)
誕生 (1977-05-07) 1977年5月7日(44歳)
イランの旗 テヘラン生まれ
エジプトの旗 カイロ日本の旗 和泉市育ち
職業 小説家エッセイスト
言語 日本語
教育 学士(法学)
最終学歴 関西大学法学部
ジャンル 小説
代表作きいろいゾウ』(2006年)
『サラバ!』(2014年)
主な受賞歴 直木三十五賞(2015年)
デビュー作 『あおい』(2004年)
配偶者 あり
公式サイト 西加奈子 - Official Website -
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

西 加奈子(にし かなこ、1977年5月7日[1] - )は、日本の小説家イランテヘラン生まれ。エジプトカイロ大阪府和泉市光明台育ち。和泉市立光明台中学校[2]大阪府立泉陽高等学校関西大学法学部卒業。既婚。

ぴあ』のライターを経て、出版社への持ち込み原稿であった『あおい』で2004年にデビューする。 2005年『さくら』が20万部を超えるベストセラーとなる。2012年5月、『きいろいゾウ』が、宮崎あおい向井理出演で映画化され、2013年に公開された[3]。2021年6月には『漁港の肉子ちゃん』が、明石家さんまの企画・プロデュース、渡辺歩の監督で劇場アニメ映画化された[4]

人物[編集]

海外生活は、誕生から2歳までイラン・テヘラン、小学1年から5年までエジプト・カイロ。それ以降は大阪であり、性格的には根っからの大阪人である[5]

大阪に住んでいた頃からひそかに小説を書いては一人で悦に入っていたが、人に読ませたところ「技術はあるけど感情が無い」と言われ、「書きたくなるまで感情を溜めないとだめだ」と勧められるまま半年ほど断筆、その後に閃いたイメージから猛烈な勢いで一気に書き上げたのが『あおい』である。この作品に西はいたく愛着が湧き、「活字にせな」と思い立ち、いくつも仕事を掛け持ちして上京資金を貯め、「全部捨てんとアカン」とそれまでの大阪生活の全てを投げうって身一つで東京に移り住んだ。『あおい』は程なくして『世界の中心で、愛をさけぶ』の編集者の目にとまって出版にこぎつけ、西は文壇デビューを果たした[5]

直木賞受賞会見の席でも「プロレスから勇気をもらった」と語るほどの大のプロレスファン、特に新日本プロレス棚橋弘至をひいきの選手に上げている[6]

2019年12月、2年間の語学留学として家族でカナダバンクーバーに引越した[7][8]

受賞・候補歴[編集]

作品[編集]

小説[編集]

エッセイ[編集]

  • ミッキーかしまし(筑摩書房、2007年)
  • ミッキーたくまし(筑摩書房、2009年)
    • この話、続けてもいいですか。(ちくま文庫、2011年)(『ミッキーかしまし』『ミッキーたくまし』の再編集版)
  • ごはんぐるり(NHK出版 2013年)
  • まにまに(KADOKAWA 2015年)

共著[編集]

絵本[編集]

  • 絵本 きいろいゾウ(小学館, 2006年)
  • めだまとやぎ(LD&K BOOKS, 2012年)
  • きみはうみ (スイッチパブリッシング, 2015年)

作詞[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

2012年10月6日
2014年1月11日・1月18日・8月30日・9月6日・11月22日
2015年1月17日・8月15日
2013年2月3日 光浦靖子東直子と共演
2015年3月8日 中村文則又吉直樹(ピース)と共演
2018年10月7日 若林正恭(オードリー)、山里亮太(南海キャンディーズ)と共演
  • オダサクさん、こんにちは「生誕100年 作家・織田作之助と“夫婦善哉”(NHK総合、2013年8月31日)
  • 共感百景~痛いほど気持ちがわかる あるある~(テレビ東京
2014年1月2日
2015年1月2日
2016年1月2日

ラジオ・ポッドキャスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ 和泉市立光明台中学校 野里 和宏校長先生”. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演。「2人の関西弁も実に似合っている」と監督 2012年5月18日 ムービーコレクション
  4. ^ 明石家さんまプロデュースの劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」初夏公開、制作はSTUDIO4℃” (日本語). コミックナタリー (2021年1月1日). 2021年7月19日閲覧。
  5. ^ a b 「Shortcuts」『サブラ』2005年6月23日号、小学館、 45頁。
  6. ^ 【直木賞受賞会見】西加奈子さん「プロレスからむちゃくちゃ勇気をいただいてます」(5/7ページ) - 産経ニュース 2015年3月19日閲覧
  7. ^ INFORMATION & DIARY「バンクーバー」” (日本語). NISHI KANAKO OFFICIAL WEBSITE (2019年12月16日). 2021年2月21日閲覧。
  8. ^ #ESSAY「かえってゆくもの」” (日本語). Anglobal Community Mart (2020年3月20日). 2021年2月21日閲覧。
  9. ^ 直木賞最新情報”. 文藝春秋 (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。
  10. ^ これまでの本屋大賞
  11. ^ 『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』に吉田羊、広瀬すず、ベビメタら”. ORICON STYLE (2015年11月26日). 2015年11月27日閲覧。
  12. ^ 控えめ宣言の明石家さんまに総ツッコミ、吉田拓郎号泣「たぶんうそ(笑)」”. 日刊スポーツ (2021年6月12日). 2021年6月12日閲覧。
  13. ^ Department, Skream! Editorial. “チャットモンチー”. Skream! 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト. 2021年2月14日閲覧。
  14. ^ チャットモンチーへの愛 西加奈子「私を生かしてくれて、ありがとう!」 - Peachy” (日本語). ライブドアニュース. 2021年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

  • 高野健一(小説『さくら』にインスパイアされた曲「さくら」をリリースした)