西南聯合大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Gate, National Southwestern Associated University, 1938.jpg

西南聯合大学(せいなんれんごうだいがく)は、日中戦争中の1938年から1946年まで雲南省昆明にあった中華民国の国立大学。北京(北平)にあった国立北京大学・国立清華大学および天津にあった私立南開大学の3つの大学の疎開先として設立された。

歴史[編集]

1937年7月に盧溝橋事件が発生すると、蒋介石廬山で徹底抗戦を宣言した。同年8月28日に長沙臨時大学籌備委員会が発足し、北京大学・清華大学・南開大学の3校は湖南省長沙岳麓山に疎開することになった[1][2]。長沙臨時大学は北京大学校長の蒋夢麟・清華大学校長の梅貽琦・南開大学校長の張伯苓を常務委員とし、11月から授業が始まった。学生数は1496人だった[1]

1937年末になると上海や首都南京が陥落し、長沙も危険になったため、大学は1学期のみで授業を停止し、1938年2月から4月までかけて昆明に移転した。昆明への移動は困難であり、4月2日の段階で学生は993人になっていた[1]。西南聯合大学は5月に授業を開始した。

1940年になると昆明も日本軍の空襲にさらされるようになったが、戦争終了まで昆明に踏みとどまった。

1941年11月には師範学院を設立した[2]

西南聯合大学には理・工・文・法商・師範の5つの学院と26の学部があった[1]

戦後、3校は徐々に本来の場所に復校したが、西南聯合大学での授業も継続した。1945年末、国共内戦に反対する学生運動が軍隊と衝突し、流血事件に発展した(中国語版記事[3]

1946年5月4日、開校からちょうど8年後に西南聯合大学は終了を宣言した。北京大学に644人、清華大学に932人、南開大学に65人が移った[2]。師範学院はそのまま昆明に残って国立昆明師範学院となり、現在も雲南師範大学の名前で存続している。

著名な教員[編集]

著名な学生[編集]

脚注[編集]