西原博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西原 博史(にしはら ひろし、1958年9月7日[1] - 2018年1月22日)は、日本法学者。元早稲田大学社会科学総合学術院教授。専門は、憲法学・比較憲法学・教育法

人物[編集]

早稲田大学法学部卒業。1992年、早稲田大学大学院法学研究科博士課程後期課程満期退学。1996年、博士(法学)早稲田大学)。1992年早稲田大学社会科学部専任講師、1994年同助教授、1999年同教授を経て、2004年、同社会科学総合学術院教授。2014年、同社会科学部長[2]

研究テーマは思想・良心の自由基本的人権の基礎理論、福祉国家と憲法、平等権など。早稲田大学社会科学部のほか東京大学教育学部(2005年~2008年)、大学院教育学研究科(2009年~2012年)、東北大学法学部(2007年)でも教鞭を執る。

刑法学者で、元早大総長の西原春夫は実父、早稲田大学名誉教授(刑事政策)の須々木主一は叔父である。一橋大学法学部教授の阪口正二郎とは早大での親友。

2018年1月22日深夜午前0時頃、三鷹市新川中央自動車道上り線三鷹料金所付近で中央分離帯に衝突する自損事故を起こし、追越車線に停車した。その後、後続車の運転手の指示で中央分離帯へ避難したが、0時10分頃に何らかの理由で走行車線上を歩いていたため、後ろから来た冷蔵冷凍車に撥ねられた。西原は病院に搬送されたが、全身を強く打っており、約1時間後死亡が確認された[3][4][5][6][7][8]

研究[編集]

従来の教育法学の通説的議論(堀尾輝久兼子仁など)に対する批判を展開した。

「『君が代』伴奏拒否訴訟最高裁判決批判-『子どもの心の自由』を中心に」世界2007年5月号137頁では、教師を子どもの人権にとって危険な存在と捉えている。西原によれば、従来の教師の教育権(教育の自由)の主張は、「子どもの無権利状態を容認し続けていた」(p.138)。「日の丸君が代」の学校現場での教師に対する強制を教師の教育の自由によって対抗しようとする主張は、「教師中心主義」で「日教組御用法学」である(p.139)。そこでは、「子どもの自由の保障が真剣に追求されているわけではなく、単に運動論的な名目として利用されているに過ぎな」い(p.140)。子どもが自律した人格へと成長する権利(思想・良心の自由)を議論の根本にすべきと解している。他方で、教師に対する「君が代」斉唱参加強制が個人あるいは一教育者として思想・良心の自由を侵害する可能性についても早くから指摘していた[9]

参考人出席[編集]

第161回国会・参議院憲法調査会』、 第165回国会衆議院 『教育基本法に関する特別委員会公聴会』、第166回国会・参議院 『日本国憲法に関する調査特別委員会』で、憲法学者・教育法学者として、社会権教育基本法改正案、憲法改正国民投票のあり方のそれぞれについて、意見陳述を行った。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『良心の自由』(成文堂、1995年)ISBN 4-7923-0233-1
  • 『良心の自由〔増補版〕』(成文堂、2001年)ISBN 4-7923-0326-5
  • 'Das Recht auf geschlechtsneutrale Behandlung nach dem EGV und GG'(Duncker & Humblot、2002年)ISBN 3-428-10897-3
  • 『平等取扱の権利』(成文堂、2003年)ISBN 4-7923-0352-4
  • 『学校が「愛国心」を教えるとき』(日本評論社、2003年)ISBN 4-535-58363-3
  • 『教育基本法「改正」――私たちは何を選択するのか』(岩波書店岩波ブックレット)、2004年)ISBN 978-4-00-009315-6
  • 『良心の自由と子どもたち』(岩波書店岩波新書)、2006年)ISBN 978-4-00-4309932 [10]
  • 『子どもは好きに育てていい』(NHK出版生活人新書)、2008年)ISBN 978-4-14-088255-9
  • 『保護と自律――憲法上の人権保障が意味するものをめぐって』(成文堂、2009年)ISBN 978-4-7923-0466-9
  • 『うさぎのヤスヒコ、憲法と出会う』(太郎次郎社エディタス、2014年)ISBN 978-4-8118-0768-3

共著[編集]

編著[編集]

  • 『岩波講座 憲法 2 人権論の新展開 』(岩波書店、2007年) ISBN 978-4-00-010736-5
  • 『監視カメラとプライバシー』(成文堂、2009年)ISBN 978-4-7923-0456-0
  • 『立法システムの再構築〈立法学のフロンティア 2〉』(ナカニシヤ出版、2014年)ISBN 978-4-779508714

共編著[編集]

  • 戸波江二)『子ども中心の教育法理論に向けて』(エイデル研究所、2006年)ISBN 978-4-87168-409-5
  • (斎藤一久)『教職課程のための憲法入門』(弘文堂、2016年)ISBN 978-4-335-35652-0
  • 浅倉むつ子)『平等権と社会的排除――人権と差別禁止法理の過去・現在・未来』(成文堂、2017年)ISBN 978-4-7923-0606-9

分担執筆[編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介”. 西原研究室. 早稲田大学社会科学部. 2018年1月22日閲覧。
  2. ^ “社会科学部長に西原 博史教授が就任しました。”. 早稲田大学 社会科学部. (2014年9月21日). https://www.waseda.jp/fsss/sss/news/2014/09/21/2062/# 2018年1月22日閲覧。 
  3. ^ “西原博史早大教授、中央道ではねられ死亡 事故で車外に”. 朝日新聞. (2018年1月22日). オリジナルの2018年1月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/TdGZI 2018年1月22日閲覧。 
  4. ^ “西原・早大教授、高速で自損事故後はねられ死亡”. 読売新聞. (2018年1月22日). オリジナルの2018年1月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/dvz5P 2018年1月22日閲覧。 
  5. ^ “早大教授、西原博史さん トラックにはねられ死亡 東京・三鷹、中央高速”. 産経新聞. (2018年1月22日). https://www.sankei.com/affairs/news/180122/afr1801220014-n1.html 2018年1月22日閲覧。 
  6. ^ “中央高速で事故、早大教授死亡”. 福島民報. (2018年1月22日). オリジナルの2018年1月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/FYasU 2018年1月22日閲覧。 
  7. ^ “早大教授はねられ死亡 単独事故で外に”. 毎日新聞. (2018年1月22日). https://mainichi.jp/articles/20180122/k00/00e/040/159000c 2018年1月22日閲覧。 
  8. ^ “西原早大教授はねられ死亡=高速分離帯接触で降車-東京”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2018年1月22日). オリジナルの2018年2月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/DsN1P 2018年1月22日閲覧。 
  9. ^ 『学校が「愛国心」を教えるとき』39頁。
  10. ^ 『著者に会いたい』朝日新聞