西園寺実益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
西園寺実益
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄3年(1560年
死没 寛永9年3月12日1632年5月1日
別名 号:一真院
官位 従一位右大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺公朝、母:万里小路秀房娘
兄弟 実益花山院定熙、松木宗満室、
三条西公国室、北条綱重
久我晴通娘・瑞光院
公益
テンプレートを表示

西園寺 実益(さいおんじ さねます)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公卿左大臣西園寺公朝の子。官位従一位右大臣

経歴[編集]

永禄4年(1561年)に叙爵。以降清華家当主として速いスピードで昇進し、元亀3年(1572年)に従三位となり公卿に列する。その後も権中納言権大納言を経て、天正8年(1580年)に右近衛大将に就任した。以降慶長8年(1603年)までの長きにわたり右近衛大将に在職した。慶長4年(1599年)には神宮伝奏を兼務する。慶長16年(1611年)に再度右近衛大将となり、慶長19年(1614年)にはそれを辞して新たに内大臣に転じた。

元和3年(1617年)に従一位へと進み、元和4年(1618年)に内大臣を辞職。元和6年(1620年)には右大臣となるも翌年に辞職している。

系譜[編集]