西園寺昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西園寺 昭夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1937-10-31) 1937年10月31日
没年月日 (2011-10-03) 2011年10月3日(73歳没)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手外野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年7月28日
最終出場 1970年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

西園寺 昭夫(さいおんじ あきお、1937年10月31日 - 2011年10月3日[1] )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

熊本工業高校では、2年生の時、中堅手として1954年春の甲子園に出場。エース添島時人(巨人)を擁し準決勝まで勝ち進むが、この大会に優勝した飯田長姫高光沢毅投手に0-6で完封された[2]。同年夏は、捕手として夏の甲子園予選西九州大会決勝に進むが、長崎商に敗れる[3]。添島の他、チームメートの田中春雄(阪神)、山村幹弘、酒井啓吾(大洋)がプロ入りしている。翌1955年にも夏の甲子園予選西九州大会決勝に進出するが、熊本高に延長11回サヨナラ負けを喫し、甲子園には出場できなかった[3]

高校卒業後は社会人野球東洋レーヨンを経て、1957年東映フライヤーズに入団。

1959年には引退した前川忠男の後継として遊撃手の定位置を獲得、打率.300(ベストテン6位)の好成績を記録した。翌1960年から三塁手に回り、1962年にはリードオフマンとして東映のパ・リーグ初制覇に貢献。阪神タイガースとの日本シリーズでも全7試合に先発出場。日本一を決めた第7戦では、延長12回に村山実から決勝本塁打を放っている。1959年と1961年にはオールスターに選出されるが、辞退した。

その後もレギュラー三塁手として活躍するが、1966年オフに金銭トレードで阪神タイガースに移籍。ここでは主に外野手として起用される。1968年オフには鈴木皖武との交換トレードでアトムズに移る。1969年にはオープン戦から好調を維持し遊撃手のレギュラーを獲得するが、5月に故障離脱を余儀なくされ、翌1970年オフに引退した。

引退後は一時、鷺宮製作所のコーチを務めた。

従妹は歌手・女優の水前寺清子。その関係で引退後、萩本欽一司会の「オールスター家族対抗歌合戦」(フジテレビ)に“水前寺清子チーム”の一員として出演している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 東映 31 37 37 2 8 2 0 1 13 2 0 0 0 0 0 0 0 14 0 .216 .216 .351 .568
1958 86 257 233 24 51 10 4 2 75 11 3 3 3 0 20 1 0 36 2 .219 .281 .322 .603
1959 122 516 460 68 138 25 8 11 212 49 11 5 3 1 49 2 3 75 10 .300 .371 .461 .832
1960 116 417 371 42 82 14 3 14 144 33 16 4 4 2 39 0 1 81 6 .221 .297 .388 .685
1961 136 603 503 97 130 31 7 22 241 73 20 10 11 3 79 3 7 115 4 .258 .367 .419 .786
1962 133 599 517 85 132 28 5 8 194 45 24 7 5 3 72 2 2 103 5 .255 .349 .375 .724
1963 144 606 523 82 137 25 5 16 220 63 33 11 8 3 67 0 5 76 5 .262 .351 .421 .772
1964 130 448 385 51 90 12 0 14 144 51 12 4 5 6 47 2 5 54 12 .234 .325 .374 .699
1965 140 570 480 71 113 25 2 11 175 36 17 9 13 3 73 2 1 73 10 .235 .338 .365 .702
1966 134 498 439 57 119 29 4 7 177 33 11 13 6 2 50 1 1 38 9 .271 .347 .403 .750
1967 阪神 68 220 197 18 54 6 3 1 69 9 2 1 1 1 21 1 0 30 3 .274 .344 .350 .694
1968 95 246 200 27 47 5 1 5 69 19 2 3 4 2 38 1 2 39 5 .235 .363 .345 .708
1969 アトムズ
ヤクルト
31 103 83 11 27 3 1 4 44 15 2 0 1 0 18 1 1 16 4 .325 .451 .530 .981
1970 47 105 90 3 16 2 1 1 23 6 0 1 0 2 13 0 0 17 5 .178 .282 .256 .537
通算:14年 1413 5225 4518 638 1144 217 44 117 1800 445 153 71 64 28 586 16 28 767 80 .253 .343 .398 .741
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • アトムズは、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 7 (1957年 - 1968年)
  • 4 (1969年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ OB NEWS Vol.52 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2012年1月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]