西垣脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西垣 脩(にしがき しゅう、1919年5月19日 - 1978年8月1日)は、俳人国文学者

大阪市東区住吉町に生まれる。帝塚山学院小学校から大阪府立旧制住吉中学校(現在の大阪府立住吉高等学校)に進む。 1937年旧制松山高等学校(現在の愛媛大学)に入学。このとき、教授の一人川本臥風の指導を受け、松山高校俳句会で活躍。1940年に松山高校を卒業して東京帝国大学文学部国文科に入学。在学中は臼田亜浪に学び、二五会において大野林火中村草田男加藤楸邨らと句作に励んだ。1942年、大学を繰上卒業して出征するも、病気入院中に所属部隊がサイパンで玉砕し、九死に一生を得る。

復員後、帝塚山学院女学部教諭、東京都立武蔵丘高等学校教諭を経て、1954年明治大学助教授1956年、「風」に同人参加。1957年、俳句雑誌「皿」を創刊。1960年から明治大学教授。

大阪府立旧制住吉中学校時代の恩師、伊東静雄の薫陶を受けたことから詩人としても活躍し、『一角獣』などの詩集がある。

1978年心筋梗塞で59歳にて死亡。

長男の西垣通計算機科学者東京経済大学コミュニケーション学部教授、東京大学大学院情報学環名誉教授

参考文献[編集]

  • 現代俳句大事典、三省堂