西安居村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にしあごむら
西安居村
廃止日 1954年8月1日
廃止理由 編入合併
福井市、西安居村福井市
現在の自治体 福井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
丹生郡
総人口 2,560
国勢調査1950年
隣接自治体 福井市
丹生郡三方村志津村殿下村国見村
坂井郡本郷村
西安居村役場
所在地 福井県丹生郡西安居村
 表示 ウィキプロジェクト

西安居村(にしあごむら)は福井県丹生郡にあった。現在の福井市の南西部、福井市スポーツ公園野球場周辺から西方一帯にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、更毛村・羽坂村・細坂村・安田村・本堂村・北堀村・恐神村・末村・五太子村・上一光村・下一光村の区域をもって発足。
  • 1954年昭和29年)8月1日 - 福井市に編入。同日西安居村廃止。

教育施設[編集]

明治6年(1876年)の小学校設置法改正時に、泉声小学(本堂村)、観瀾小学校(安田村)、五太子小学校(五太子村)、上一光小学校(上一光村)、鶴鳴小学校(末村)が置かれた[1]。明治14年に泉声校より高尾小学校が分立し、明治20年、泉声、観瀾、鶴鳴、高尾の四校が合併して本堂小学校となり、明治25年には安居尋常小学校と改称し、明治34年に高等科を併置して安居高等尋常小学校となった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『福井市の秘境 国見嶽山麓』坂井松見, p5
  2. ^ 『丹生郡小誌 : 補習教育』 (福井県丹生郡教育会, 1917)p122

参考文献[編集]

関連項目[編集]