西宮市立甲東小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西宮市立甲東小学校
 KotoElementarySchool.JPG
過去の名称 兵庫県武庫郡門戸村門戸小学校
甲東尋常小学校
西宮市立甲東国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 西宮市
設立年月日 1873年4月15日
4月15日
創立者 門戸村
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 662-0823
兵庫県西宮市神呪町3番33号

北緯34度45分44秒 東経135度21分28秒 / 北緯34.76222度 東経135.35778度 / 34.76222; 135.35778座標: 北緯34度45分44秒 東経135度21分28秒 / 北緯34.76222度 東経135.35778度 / 34.76222; 135.35778
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

西宮市立甲東小学校(にしのみやしりつこうとうしょうがっこう)とは、兵庫県西宮市にある市立小学校

概要[編集]

本校は、1873年明治6年)に東光寺(門戸厄神)に創設された仮校舎を原点としている。その後、西宮市の人口増加に伴い1947年昭和22年)に現在の名称となった。

1995年平成7年)の阪神・淡路大震災時には、1,500人以上の被災者の避難所として利用された。尚、同校の体育館地震の揺れで屋根が崩壊した。 現在では、立て替えられた校舎、体育館が建ち並び、震災後の児童増加に伴い多くの学童を抱える。 周辺地域は、大阪市神戸市に近いことから閑静な住宅街であるが、六甲山系の東の裾野の自然に恵まれている。「甲東」とは、六甲山系の一つ「甲山」の東にあるために命名された。

西宮市では、この甲東小学校・甲陵中学校の校区にある住宅地が、ファミリーにとっての人気立地の一つ、とされている。

沿革[編集]

  • 1873年明治6年)4月15日兵庫県武庫郡門戸村門戸小学校として門戸厄神内に仮校舎設立。
  • 1876年(明治9年)12月 垣之内(現 門戸西町)に新築移転。
  • 1884年(明治17年)中等科を設置。
  • 1889年(明治22年)4月 町村制の施行により、甲東村となったため、甲東尋常小学校に改称。
  • 1907年(明治40年)4月 学校制度変更により義務教育が6ヶ年に延長。高等科設置
  • 1926年大正15年)現在の位置に移転。
  • 1941年昭和16年)甲東村が西宮市と合併。西宮市立甲東国民学校に改称。
  • 1944年(昭和19年)学校給食開始。
  • 1947年(昭和22年)学制改革により西宮市立甲東小学校に改称。
  • 1955年(昭和30年)10月1日 西宮市立広田小学校開校。広田町・能登町・愛宕山町等が広田小学校の校区に変更。(3年生以下)
  • 1957年(昭和32年)8月 プール竣工
  • 同年9月2日 西宮市立上ケ原小学校開校。岡田山町・上ヶ原町等が上ヶ原小学校の校区に変更。(3年生以下)
  • 1965年(昭和40年)4月6日 西宮市立段上小学校開校。仁川・段上・上大市の一部等が段上小学校の校区に変更。(3年生以下)
  • 1973年(昭和48年)4月7日 西宮市立樋ノ口小学校開校。門前・若山町等が樋ノ口小学校の校区に変更。(3年生以下)
  • 1978年(昭和53年)4月7日 西宮市立段上西小学校開校。甲東園1-2丁目が段上西小学校の校区に変更。(3年生以下)
  • 1988年(昭和63年)木造校舎解体
  • 1994年(平成6年)西校舎鉄筋3階建て竣工
  • 1995年(平成7年) 1月17日 阪神・淡路大震災により体育館崩壊。
  • 2005年(平成17年)4月 学級増により仮設教室を使用
  • 2006年(平成18年)9月 北玄関オートロック施錠・監視カメラ設置
  • 2007年(平成19年)12月 アスベスト除去工事
  • 2008年(平成20年) 4月 校門警備員配置(北玄関)
  • 同年8月 校内LAN工事完了・3年生以上の教室にコンピュータを設置
  • 2009年(平成21年) 11月 電子黒板設置
  • 同年12月 校務用PC疎通
  • 2010年(平成22年)1月 デジタルテレビ設置

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]