西宮貯金銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株式会社西宮貯金銀行(にしのみやちょきんぎんこう)は、かつて兵庫県武庫郡西宮町(現西宮市)に存在した銀行。後身の武庫銀行についても述べる。

概要[編集]

1896年明治29年)、設立[1]。本店は西宮浜久保町[2]。郡内本庄村の内青木、精道村の内芦屋に支店を有した[2]資本金は3万円[1][2][3]

1921年大正10年)10月7日、「武庫銀行」に改称[4]。資本金は50万円[5][6]。芦屋支店、本庄支店などがあった[5]1932年昭和7年)9月1日西宮銀行1891年創立、1936年神戸銀行新設合併に参加)に合併された[4]

役員[編集]

西宮貯金銀行の役員[編集]

『日本全国諸会社役員録 明治31年』[編集]

  • 頭取・紅野平左衛門[3]
  • 取締役・千足甚左衛門、森本甚兵衛、勝部重左衛門[3]
  • 監査役・大村太右衛門、初代八馬兼介、鷲尾伴五郎[3]

『日本全国諸会社役員録 明治35年』[編集]

『西宮現勢史』[編集]

  • 頭取兼取締・初代八馬兼介[2]
  • 取締役・木谷市右衛門[2]八馬永蔵[2](初代八馬兼介の養子)[7]
  • 監査役・深山玄碩[2]

武庫銀行の役員[編集]

『日本全国諸会社役員録 第30回』[編集]

  • 頭取・三代八馬兼介[5](八馬永蔵の長男)[8]
  • 取締役・木谷市右衛門、深山巌[5]
  • 監査役・藤井卯三郎、福田彦二郎[5]

『日本全国諸会社役員録 第38回』[編集]

  • 頭取・三代八馬兼介[6]
  • 取締役・木谷市右衛門、福田彦三郎、深山巌、上杉利右衛門[6]
  • 監査役・藤井卯三郎、紅野善三郎[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本全国諸会社役員録 明治35年』上編441頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『西宮現勢史』41-42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 『日本全国諸会社役員録 明治31年』338頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月9日閲覧。
  4. ^ a b 神戸銀行史編纂委員『神戸銀行史』年表 1953年刊行
  5. ^ a b c d e 『日本全国諸会社役員録 第30回』上編643頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月8日閲覧。
  6. ^ a b c d 『日本全国諸会社役員録 第38回』上編668-669頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月15日閲覧。
  7. ^ 『人事興信録 第4版』や12-13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月8日閲覧。
  8. ^ 『人事興信録 第8版』ハ49頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 明治31年』商業興信所、1893-1911年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 明治35年』商業興信所、1893-1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 藤井亀若『西宮現勢史』兵庫県自治協会、1916年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第30回』商業興信所、1922年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第38回』商業興信所、1930年。

関連項目[編集]