西寛二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西 寛二郎
にし かんじろう
Major-General Nishi.PNG
生誕 1846年4月5日
日本の旗 日本薩摩藩
死没 (1912-02-28) 1912年2月28日(65歳没)
日本の旗 日本東京都
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1911
最終階級 陸軍大将
墓所 青山霊園
テンプレートを表示

西 寛二郎(にし かんじろう、弘化3年3月10日1846年4月5日) - 1912年(明治45年)2月28日)は、日本の陸軍軍人教育総監遼東守備軍司令官、軍事参議官等を歴任する。官位は陸軍大将正二位勲一等功一級子爵

経歴[編集]

薩摩藩士、西太郎兵衛の長男として生まれ、幼少の頃から島津久光の下に仕えた。戊辰戦争鳥羽・伏見の戦い等転戦し明治4年(1871年)7月、陸軍に入る。初任は陸軍中尉御親兵2番大隊付を命ぜられた。同年12月、陸軍大尉に進み1873年(明治6年)12月、陸軍少佐に任ぜられる。1874年(明治7年)の佐賀の乱には征討参謀として出征、続く台湾出兵にも従軍し1877年(明治10年)の西南戦争では別働第1旅団参謀として参戦するが、この時負傷する。

その後、近衛幕僚参謀・参謀本部管東局員を経て1881年(明治14年)2月、歩兵第11連隊長に就任し、翌年、陸軍大佐に進む。大佐として名古屋鎮台参謀長、東京鎮台参謀長、参謀本部第1局長等を経験し1889年(明治22年)8月、陸軍少将に任ぜられ歩兵第11旅団長に補される。翌年6月に歩兵第2旅団長に移り、この時日清戦争に出征する。この戦役では山地元治中将指揮の下金州旅順・田庄台を攻略し、その功をもって1895年(明治28年)8月、男爵を授けられ華族に列せられる。

1896年(明治29年)5月に威海衛占領軍司令官となり、同10月、陸軍中将に進み、乃木希典の後任として第2師団長に就任する。1904年(明治37年)2月の日露戦争に出征し功を挙げ同年6月に陸軍大将に進級する。同年9月の遼東守備軍司令官を経て1905年(明治38年)5月9日陸軍三長官の一角教育総監に就任する。翌年4月には功一級金鵄勲章を受章し、1907年(明治40年)の伏見宮貞愛親王の渡欧に当たっては随員を仰せ付けられる。帰国後の9月子爵に陞爵し、1908年(明治41年)の軍事参議官の後1911年(明治44年)3月後備役となる。1912年(明治45年)2月28日薨去。没後に勲一等旭日桐花大綬章を贈られる。

墓所は東京都港区南青山青山霊園

軍歴[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

  • 後を嗣子の鯱男が継いだ。陸軍歩兵中尉となるが、1915年に隠居した[17]
  • 六男 勝男 - 兄・鯱男の隠居後、家督を継承[17]。勝男は陸軍士官学校を28期で卒業し階級は陸軍大佐に至る。
  • 長女 アイ - 佐治喜一陸軍少将に嫁ぐ[17]。佐治は会津藩所縁の人物で稚松会会員[18]。 
  • 三女 ハル - 若尾謹之助(実業家・甲州財閥若尾家)に嫁ぐ[17]

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第8313号、明治44年3月11日。
  2. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号110
  3. ^ 『官報』第1878号「叙任及辞令」1889年10月1日。
  4. ^ 『官報』第3401号、1894年10月27日
  5. ^ 『官報』第4926号「叙任及辞令」1899年12月1日。
  6. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  7. ^ 『官報』第8606号「叙任及辞令」1912年2月29日。
  8. ^ 『官報』第548号「賞勲叙任」1885年5月2日。
  9. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  10. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
  11. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  12. ^ 『官報』第3862号・付録「辞令」1896年5月16日。
  13. ^ 『官報』第5960号「叙任及辞令」1903年5月18日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  15. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第8606号「叙任及辞令」1912年2月29日。
  17. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、298頁。
  18. ^ 『稚松会名簿』(昭和12年12月)

参考文献[編集]


軍職
先代:
寺内正毅
教育総監
第4代:1905年 - 1908年
次代:
大島久直
日本の爵位
先代:
陞爵
子爵
西(寛二郎)家初代
1907年 - 1912年
次代:
西鯱男
先代:
叙爵
男爵
西(寛二郎)家初代
1895年 - 1907年
次代:
陞爵