西小千谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西小千谷駅
にしおぢや
Nishi-Ojiya
小粟田 (2.7km)
所在地 新潟県小千谷市城内三丁目
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 魚沼線
キロ程 12.6km(来迎寺駅起点)
電報略号 ニチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
123人/日(降車客含まず)
-1981年-
開業年月日 1911年(明治44年)9月14日
廃止年月日 1984年(昭和59年)4月1日
テンプレートを表示

西小千谷駅(にしおぢやえき)は、かつて新潟県小千谷市城内三丁目に存在した、日本国有鉄道(国鉄)魚沼線廃駅)である。上越線の小千谷駅から2kmほどと近く、徒歩連絡も可能なほどであった。

魚沼線の廃止に伴い、1984年(昭和59年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時は、単式1面1線のホームを有する業務委託駅であった。

西小千谷駅での国鉄ケ120形蒸気機関車ケ121牽引の魚沼線の混合列車 (1937年2月24日)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
魚沼線
小粟田駅 - 西小千谷駅

開業から休止までの間、小粟田駅との間に平沢駅があった。

廃止後[編集]

駅廃止から10年ほど、旧駅舎は小千谷市の「シルバー人材センター」事務所として活用されていたが、後に撤去された。駅跡周辺は「ぽっぽの里公園」として整備され、ホーム跡や線路跡、車両の車輪などが残っている。