西山政猪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西山政猪

西山 政猪(にしやま まさい、1883年明治16年)1月21日[1] - 1951年昭和26年)12月17日[2])は、日本文部官僚

経歴[編集]

高知県出身。1911年(明治44年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、同年に高等文官試験に合格した[1]長崎高等商業学校教授となり、1920年大正9年)から民法商法研究のためイギリスアメリカ合衆国ドイツに留学した[1]。帰国後、東京帝国大学書記官・学生監、同庶務課長、文部書記官・大臣官房会計課長、専門学務局長を歴任し、1929年(昭和4年)に宗教局長に就任した[1][3]1932年(昭和7年)に退官し、同年から1935年(昭和10年)まで満州国文教部総務司長を務めた[1][3]

その後、大日本連合婦人会理事長[3]、民族学協会理事長を務めた[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(上)』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『康徳元年版 満洲国名士録』人事興信所、1934年。
  • 「高知県人名事典新版」刊行委員会編『高知県人名事典』高知新聞社、1999年、新版。