岡山貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岡山貨物ターミナル駅
Okayama Kamotsu Terminal station.jpg
駅舎(2016年7月10日)
おかやまかもつたーみなる
Okayama-Kamotsu-Terminal
岡山 (2.5 km)
(0.9 km) 北長瀬
所在地 岡山市北区野田四丁目1-90
北緯34度39分24.75秒 東経133度53分54.45秒 / 北緯34.6568750度 東経133.8984583度 / 34.6568750; 133.8984583座標: 北緯34度39分24.75秒 東経133度53分54.45秒 / 北緯34.6568750度 東経133.8984583度 / 34.6568750; 133.8984583
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 W 山陽本線
キロ程 145.9 km(神戸起点)
電報略号 オタ
駅構造 地上駅
開業年月日 1969年(昭和44年)10月1日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示
高さが制限される、架線下荷役に対応したトップリフターで、30ft級の大型宅配コンテナも取り扱う。2005年4月23日撮影。

岡山貨物ターミナル駅(おかやまかもつターミナルえき)は、岡山県岡山市北区野田四丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅山陽本線に属している。2016年(平成28年)3月26日に、西岡山駅から改称された。当駅付近にかつて存在した岡山操車場についても本項で述べる。

山陰方面との分岐地点というだけでなく、水島臨海鉄道港東線東水島駅、山陽本線東福山駅との中継駅として機能している。そのため駅構内は広い。

通運事業者は、日本通運岡山県貨物運送、谷川運輸倉庫、岡山通運、水島臨海通運である。

取扱貨物[編集]

駅構造[編集]

  • 2面のコンテナホーム着発線荷役方式(E&S方式)を採用した着発荷役線が上下1本ずつと、神戸方(上り線)のみに進出可能な線の3本を有する。
  • 着発線は上下とも4本(うち1本はE&S対応)。
  • 上下に車両を留置できる貨物線と引き上げ線、駅舎の東方には客留線がある。
  • 営業窓口であるJR貨物岡山営業所を併設する。

歴史[編集]

  • 1925年大正14年) - 平面ヤード式である岡山操車場が開業[1]。取扱規模は1,300車/日である[1]
  • 1942年昭和17年) - 取扱量の大幅な増加(2,500車/日)に伴い、南仕訳線増設および宇野線短絡ルート(岡山操車場 - 大元駅)の新設[2]
  • 1945年(昭和20年) - 構内北側に上り着発線、仕訳線を増設[2]
  • 1953年(昭和28年) - 仕訳線が2か所に分かれて作業性が悪いことから構内改良工事を行い、抱き込み式平面ヤードになるとともに取扱規模を2,500車/日に増強[3]
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 岡山操車場南隣に西岡山駅が開業[4]。山陽新幹線開業によって岡山駅の貨物設備が支障することから、貨物取扱業務が当駅に移管された[4]
  • 1974年(昭和49年)10月1日 - 「荷貨一元化」により荷物の取扱を開始。
  • 1978年(昭和53年)10月2日 - 荷物の取扱を廃止。
  • 1984年(昭和59年)
山陽本線の上下線に挟まれて、東西に広がっていた広大な面積を誇っていた岡山操車場も、時代の変化に伴い完全に廃止され、残った線路等の施設撤去が進んでいる風景。 右側のコンテナホームは、日本で始めての私有コンテナ列車「山陽ライナー」が登場した、旧・西岡山駅の西側エリア風景。1989年9月25日撮影。
岡山操車場規模[7]
  • 面積:58.6万m2
  • 軌道延長:57.5km
  • 能力:2,800車/日
  • 貨物扱:90万t/年(昭和49年)

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
岡山駅 - 岡山貨物ターミナル駅 - 北長瀬駅

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「鉄道による貨物輸送の変遷」太田幸夫、富士コンテム、2010年、p.28
  2. ^ a b 「鉄道による貨物輸送の変遷」太田幸夫、富士コンテム、2010年、p.35
  3. ^ 「鉄道による貨物輸送の変遷」太田幸夫、富士コンテム、2010年、p.38
  4. ^ a b 「鉄道による貨物輸送の変遷」太田幸夫、富士コンテム、2010年、p.66
  5. ^ “ダイヤ改正から秋田操など6駅名変更 JR貨物”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1989年10月21日) 
  6. ^ “平成28年3月時刻改正 新しい鉄道輸送サービスのご案内” (PDF) (プレスリリース), 日本貨物鉄道株式会社, (2015年12月18日), http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/201512daiya.pdf 2015年12月21日閲覧。 
  7. ^ 「鉄道による貨物輸送の変遷」太田幸夫、富士コンテム、2010年、p.244

関連項目[編集]