西岡研介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西岡 研介(にしおか けんすけ、1967年7月21日 - )は日本ライター

来歴[編集]

大阪府生まれ。1990年同志社大学法学部を卒業。大学2年から卒業までの2年間、キリスト教団体が運営する釜ヶ崎の労働者支援施設を手伝う。1991年神戸新聞社へ入社。姫路支社に配属され、姫路署記者クラブで事件取材を担当。競合する読売新聞大阪本社の記者たちから取材について学ぶ。1994年に本社社会部へ戻り、阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)、神戸連続児童殺傷事件などを取材した。

かねて愛読していた『噂の眞相』のスタッフ募集に応募し、神戸新聞社を1998年1月に退社。同年3月に噂の真相社に入社。公安記事などの硬派ネタの記事を担当し、則定衛東京高等検察庁検事長のスキャンダル、森喜朗内閣総理大臣買春検挙歴報道などをスクープ。2年連続で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞を受賞[1]。これに自信を得て、2001年に噂の真相社を退社。

2001年10月より『週刊文春』の専属記者となる。『週刊文春』で手掛けたJR東日本労組(JR東労組)問題を本格的に執筆できるという条件で、加藤晴之編集長のスカウトにより2006年に『週刊現代』へ移籍[2][3]。同誌の2006年7月29日号から24回連載した「テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実」で2007年の編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞をみたび受賞。2008年には連載をまとめた『マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実』が立花隆福田和也に絶賛され、第30回[7講談社ノンフィクション賞]]を受賞した。2009年には吉本興業のお家騒動について『週刊朝日』で執筆[4][5]

2010年暴力団後藤組の元組長後藤忠政の自伝『憚りながら』のインタビューと構成を担当[6]。同書は暴力団と創価学会の関係を当事者が明かしたことで話題となり[7]、発売2か月で18万部のベストセラーとなった[8][9]

批判[編集]

JR東日本労組を巡る報道[編集]

『週刊現代』連載の「テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実」は、雑誌ジャーナリズム賞と講談社ノンフィクション賞を受賞した一方で批判や裁判の対象にもなった。

2006年から2007年にかけて、記事に書かれていないJR東労組とその上部団体JR総連に所属する全国の組合員個人から名誉毀損だとして本人訴訟で48件の裁判が起こされるが[10]、全て勝訴した[11]。西岡は全国50か所の地方裁判所で訴えられており、労働組合が組織的な運動として行った、嫌がらせ訴訟であるスラップだと批判している[12]

しかし、松崎明元JR東労組会長から提訴された裁判では、一部の記述の名誉毀損にあたるとされ損害賠償を命じられている。2010年10月27日東京高等裁判所の判決では、松崎明が革マル派最高幹部であることや組合費を横領した組合私物化については公益性と真実相当性が認められたことから名誉毀損にあたらないとされたが、列車妨害を指示したという印象を与える記述については真実相当性が低いことから名誉毀損が成立するとして330万円の損害賠償が命じられた[13][14]2012年3月27日最高裁判所が原告と被告の上告を棄却して二審判決が確定した[15]

さらにJR東労組、JR総連などが講談社と西岡を提訴した裁判では、講談社と西岡がJR総連、JR東労組それぞれに220万円を支払うよう命じた判決が確定した[16]

名誉毀損裁判では、記事の情報源が警察庁警視庁の幹部であることが明らかになり、かつて反権力雑誌『噂の眞相』でスクープを飛ばした西岡が、リークされた公安情報に依存することで、公安が意図したJR東日本労組批判キャンペーンの役割を担ったのではないかと指摘されている[2]。『週刊金曜日』でも元読売新聞記者の山口正紀が公安情報に依存していると批判した。

これについて西岡は、公安情報だけでなく「マングローブ」元幹部からも情報を得てること、事件をもみ潰したなど公安批判もしていること、権力側からであろうと情報を得るのはジャーナリストの仕事であること、さらに西岡のスクープである森善朗の売春検挙歴の記事の根拠となった指紋番号と犯歴番号の情報は公安からのリークであると反論している[17]

福岡市「教師によるいじめ」事件についての報道[編集]

2008年出版の福田ますみの著書『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』で、西岡の『週刊文春』での記事がマスコミによる冤罪事件の火付け役の一端を担ったとされた。これについて西岡は、裁判では教師のいじめや体罰が認定されていて[18]、福田の冤罪論は誤りであり、『週刊文春』掲載記事を誤報だとする福田の主張に反論している[19]福岡市「教師によるいじめ」事件も参照のこと。

「週刊実話」訂正謝罪への関与[編集]

週刊実話」は、2016年5月12・19日合併号記事における李信恵に関する箇所について即日で訂正、謝罪記事を掲載した。この際、西岡が「週刊実話」編集部に圧力をかけて謝罪と訂正をさせたという指摘がある[20]

記事で書かれた暴力事件で、李信恵は告訴され不起訴処分となっているが、その後、被害者の男性から損害賠償請求訴訟を提起されている。

著書[編集]

  • スキャンダルを追え!『噂の真相』トップ屋稼業(講談社、2001年)
  • マングローブ—テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実 (講談社、2007年)
  • 襲撃 中田カウスの1000日戦争(朝日新聞出版、2009年)
  • 俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い(河出書房新社、2010年)- 烏賀陽弘道との対談の共著
  • ふたつの震災[1・17]の神戸から[3・11]の東北へ(講談社、2012年) - 松本創との共著
  • 百田尚樹『殉愛』の真実 (宝島社、2015年) - 角岡伸彦、家鋪渡(やしきたかじんの弟)、宝島「殉愛騒動」取材班との共著

出典[編集]

  1. ^ 神林広恵『噂の女』幻冬舎、2005年、pp.212-213
  2. ^ a b 「NEWS EYE あの情報源はやはり公安だった 『週刊現代』訴訟資料で明かされた公安の情報捜査」『』2008年6月号、pp.26-27
  3. ^ 三品純構成「JR東日本最大労組の不条理を憂う西岡研介」『サイゾー』2007年9月号、pp.56-57
  4. ^ 中森明夫「アタシジャーナル 96 西岡研介の受賞と島村麻里の死」『週刊朝日』2008年10月3日号、p.113
  5. ^ 坪内祐三「文庫本を狙え! 583」『週刊文春』2009年7月23日号、p.128
  6. ^ 後藤忠政『憚りながら』宝島社、2010年、p.4
  7. ^ 「山口組系元組長がはじめて告白した創価学会との関係」『週刊文春』2010年5月20日号、p.51
  8. ^ 林操「ベストセラー通りすがり」『週刊ダイヤモンド』2010年6月5日号、p.84
  9. ^ 山内宏泰「ベストセラーウォッチング」『新潮45』2010年8月号、p.219
  10. ^ 石井政之「オリコンうがや訴訟7 JR「革マル派」告発の西岡研介氏、48件の“訴訟テロ”に反訴へMy News Japan 2007年8月5日
  11. ^ 元木昌彦『週刊誌は死なず』朝日新書、2009年、p.217
  12. ^ 『俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い』pp.22-58
  13. ^ 「労組私物化」に真実相当性 東京高裁、講談社の賠償減額 日本新聞協会公式サイト内
  14. ^ 時事ドットコム:講談社側の賠償減額=JR総連元幹部名誉棄損東京高裁 時事通信 2010年10月27日 ※リンク切れ
  15. ^ JR東労組巡る名誉毀損、週刊現代側の敗訴確定 読売新聞 2012年3月28日
  16. ^ JR総連通信
  17. ^ 『俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い』pp.51-54
  18. ^ 教諭のいじめ、市に責任 220万賠償命令 共同通信社 2006年7月28日
  19. ^ 『俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い』pp.55-58
  20. ^ 鹿砦社『反差別と暴力の連鎖』pp.50-53

関連項目[編集]