西岩部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Nishiiwa stable April 2018.jpg

西岩部屋(にしいわべや)は、日本相撲協会相撲部屋である。二所ノ関一門に所属している。

沿革[編集]

2015年(平成27年)7月場所限りで現役を引退した元関脇・若の里は、年寄・12代西岩を襲名して田子ノ浦部屋で後進の指導に当たっていたが、2018年(平成30年)2月1日付で内弟子2人を連れて田子ノ浦部屋から独立した[1][2]。大阪宿舎の看板は住吉大社の高井道弘宮司が、部屋の看板は12代西岩本人がそれぞれ揮毫している[3]

2019年3月までは所属力士個人のSNSアカウントについては本人に管理を任せていた[4]が、ネット利用の影響についてさまざまな角度から部屋で見直した結果、同年5月からは力士のSNS利用は閲覧のみとしている。番付とともに判断力を養い、投稿は原則として関取になってから認めることとなった。力士たちの生活については、場所ごとに発行している部屋の新聞や公式サイト・ブログで伝えている[5]

所在地[編集]

師匠[編集]

  • 12代:西岩忍(にしいわ しのぶ、関脇・若の里、青森)

旧・西岩部屋[編集]

年寄名跡西岩」は元は大坂相撲の名跡であり、かつての名称は「西岩友」であった。東西合併時に廃家となったが昭和18年(1943年)に復活した年寄名跡である。

昭和22年(1947年)6月限りで現役を引退した若枩部屋の元幕内鯱ノ里一郎が襲名。引退後部屋付きの親方であったが、昭和29年(1954年)1月養父であり師匠の若枩親方より弟子を引き継ぎ若枩部屋を西岩部屋に名称変更する形で継承した。しかし、2年後の昭和31年(1956年)2月に先代が死去したため年寄名跡若松を襲名し名跡変更。部屋名も若松部屋に改称された。

脚注[編集]

  1. ^ 2006年9月28日に年寄が部屋を新設できる条件を定めた規定が設けられて以降、横綱・大関以外で新規に部屋を創設したのは2016年6月1日尾車部屋から分家独立し朝日山部屋を創設した元関脇琴錦以来2人目である。(若の里は三役を通算26場所、琴錦は三役を通算34場所務めていたため、三役通算25場所以上の規定を利用し部屋を創設した。)
  2. ^ “西岩親方が独立、浅草に相撲部屋「師匠の教え意識」”. 日刊スポーツ. (2017年11月30日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711300000616.html 2018年2月1日閲覧。 
  3. ^ 『相撲』2018年3月号 p.33
  4. ^ SNS休止のお知らせ(2019年3月17日)” (日本語). 古川彩(西岩部屋おかみ)ブログ. 2019年6月3日閲覧。
  5. ^ SNS再開についてのお知らせ(2019年5月26日)” (日本語). 古川彩(西岩部屋おかみ)ブログ. 2019年6月3日閲覧。