西島三重子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西島 三重子
生誕 (1950-08-17) 1950年8月17日(69歳)
出身地 東京都中野区
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1975年 -
事務所 アオイスタジオ
公式サイト http://www.nishijima-mieko.com/

西島 三重子(にしじま みえこ、1950年8月17日[1] - )は、日本女性シンガーソングライター作曲家[1]絵本エッセイの執筆も手がける[1]アオイスタジオ所属[1]東京都中野区出身、静岡県御殿場市在住[1]血液型はO型[1]。本名も同じ(デビュー当時)[1]

略歴[編集]

1950年8月17日、東京都中野区の西武新宿線沿線に生まれる[2]。実家は新井薬師近くの商店街老舗精肉商を営む[2]。5人姉弟の三女[2]

小学校から短大まで、一貫教育で知られる東京都豊島区目白私立女子校川村学園」に通う[2]川村小学校川村中学校・高等学校を経て、川村短期大学家政科を卒業し栄養士の資格を取得する[2][3]

なお、1977年6月25日のシングル『ジン・ライム』B面の曲は「目白通り」(同じく目白にある学習院出身の佐藤順英が作詞)、1979年10月25日発売のシングルは『千登勢橋』(モデルは目白通りに掛かる千登世橋門谷憲二作詞)で、ともに川村学園のあった目白の街が登場する[4]

短大卒業後、子供の頃から好きだったを志して和光大学人文学部芸術学科に入学するが、後に中退する[2]

1974年、渋谷西武「チャオパルコ サウンドオーディション」に出場して優勝。アマチュアグループ「カウンセラーズ」のボーカルとして自作曲「のんだくれ」を歌い、ワーナー・パイオニアのディレクターに認められる。

1975年9月25日アルバム『風車』及びシングル『のんだくれ』でデビュー。

1976年4月25日発売された、セカンド・シングル『池上線』(佐藤順英作詞)が極めて息の長いヒットとなり、自身の代表曲となった。

また、2012年11月7日にはアンサーソングの『池上線ふたたび』(門谷憲二作詞)をリリースした[5]2015年9月16日には新バージョンとして「池上線ふたたび~New Version~」(門谷憲二作詞)と「池上線~New Version~」(佐藤順英作詞)をカップリングしたシングルを発売している。

現在も、コンサートやライブ活動を精力的に行っており、2002年に発表した、子供の健やかな成長を祈る親の気持ちを歌った「おひさまのたね」は保育園や幼稚園、小学校、ママさんコーラスなどで愛唱されており、当時は譜面や歌詞を無料配布していた[6]が、2016年12月7日にシングル『おひさまのたね』として自己の歌唱でリリースした。

2018年3月28日にはシングル『目黒川』を発売、ライブハウス南青山MANDARA」で発売記念ライブを行った。代表作の「池上線」に続き、東急沿線の目黒川の風景を歌った曲となる。

オリジナルアルバムだけでも、ワーナー・パイオニアから5枚、テイチクから6枚、東芝EMIから8枚、メディアリンクから3枚リリースしている。他にベスト盤多数。コンピレーションアルバム『Re-Cover』にも参加。また作曲家としての楽曲提供も、五木ひろし「途中駅」、木の実ナナ「うぬぼれワルツ」をはじめ非常に多数。ラジオ・テレビ等への出演もラジオ関西『ギャルギャル神戸』、NHKラジオ『面白法律夜話』など多数。NHK『みんなのうた』「あいつのハンググライダー」も西島三重子作品である。

絵本『おやおや、まあくん』(サンリオ 1992年)、『サンタさんのゆめ』(サンリオ 1990年)、自伝風エッセイ『ヤクシ団欒物語』(有朋堂 1996年 ISBN 4-8422-0221-1)、『わすれもの』(愛育社 2007年)等も執筆。イラストレーターとしても活動する[1]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1970年代
1 1975年
9月25日
A面 のんだくれ 佐藤順英 西島三重子 馬飼野俊一 L-1270E
B面 笹谷峠
2 1976年
4月25日
A面 池上線 佐藤順英 西島三重子 馬飼野俊一 L-7E
B面 ざわめきの外で あかのたちお
3 1977年
2月25日
A面 1460日 麻生香太郎 西島三重子 林哲司 L-67E
B面 星めぐり 西島三重子
4 1977年
6月25日
A面 ジン・ライム 佐藤順英 西島三重子 渡辺俊幸 L-95E
B面 目白通り 惣領泰則
5 1978年
6月25日
A面 かもめより白い心で 門谷憲二 西島三重子 青木望 L-225E
B面 口笛を吹かないで
6 1978年
10月25日
A面 想い出をふりかえらずに 竜真知子 西島三重子 若草恵 L-244E
B面 想い出づくり 門谷憲二 青木望
7 1979年
3月25日
A面 黄昏の街でさよなら 門谷憲二 西島三重子 若草恵 L-263E
B面 夕暮れの前に眠るな 徳武弘文
8 1979年
10月25日
A面 千登勢橋 門谷憲二 西島三重子 戸塚修 L-320E
B面 ラブ・ソング 康珍化
1980年代
9 1980年
8月25日
A面 愛の行先 門谷憲二 西島三重子 若草恵 L-366E
B面 冬のかもめ 康珍化 戸塚修
10 1981年
1月25日
A面 あきらめてサンバ 門谷憲二 西島三重子 今泉敏郎 CE-2
B面 いらいらトワイライト 若草恵
11 1981年
5月25日
A面 Bye-Bye 西島三重子
門谷憲二
西島三重子 今泉敏郎 CE-6
B面 Lonely Girl
12 1981年
8月5日
A面 一瞬の夏 門谷憲二 西島三重子 星勝 CE-9
B面 One O'clock Rhapsody 今泉敏郎
13 1982年
1月25日
A面 天体望遠鏡 門谷憲二 西島三重子 国吉良一 CE-19
B面 ローリング・ストーンズは来なかった 井上鑑
14 1982年
5月25日
A面 火曜日にベルギーで 門谷憲二 西島三重子 井上鑑 CE-22
B面 Attention Please
15 1983年
6月21日
A面 恋遊び 松尾由紀夫 西島三重子 井上鑑 CE-31
B面 Old Dancer 平野肇
16 1984年
12月1日
A面 夕闇のふたり[7] 来生えつこ 来生たかお 椎名和夫 CE-48
B面 星のTapestry 西島三重子 井上鑑
17 1985年
10月21日
A面 時計を見ないで[8] みなみらんぼう 石原慎二 RHS-224
B面 時代川 みなみらんぼう 西島三重子
18 1986年
6月25日
A面 流されて 門谷憲二 西島三重子 青木望 ETP-178
B面 遠い遠い神々の国で 平野肇 服部克久
19 1986年
9月3日
A面 冬なぎ 平野肇 西島三重子 宮川泰 ETP-17897
B面 冬のカルナバル 大津あきら 佐藤正美
20 1988年
2月25日
A面 カフェ・ニセ 﨑南海子 A.Reis
M.Lisa
佐藤正美 RT07-2066
B面 TO・N・DE・KE H.Luis
L.G.Escolar
J.Seijas
チコ本間
1990年代
21 1991年
11月13日
01 かもめよりも遠くへ 弥勒 西島三重子 中村暢之 TODT-2757
02 少年の日の海 藤公之介
22 1998年
11月1日
01 わたしが残していくもの 弥勒 小倉超 MGDD-1001
02 AZAMI 西島三重子 小倉超
2010年代以降
23 2012年
11月7日
01 池上線ふたたび 門谷憲二 西島三重子 平野融 YZME-15016
02 私のためのレクイエム
24 2013年
6月19日
01 ありがとうふじさん 西島三重子 平野融 YZME-15031
02 こころのふるさと〜富士山〜
25 2015年
9月16日
01 池上線ふたたび〜New Version〜 門谷憲二 西島三重子 川村栄二 YZME-15100
02 池上線〜New Version〜 佐藤順英
26 2016年
12月7日
01 おひさまのたね 弥勒 西島三重子 矢田部正 YZME-15133
02 サイレント・デイズ 児島由美
27 2018年
3月28日
01 目黒川 弥勒 西島三重子 矢田部正 YZME-15181
02 時の扉をノックして

アルバム[編集]

  • 風車 1975.9.25
    のんだくれ / 笹谷峠 / ざわめきの外で / わかれ模様 / 青葉の里 / 池上線 / こんなときこそ / 鬼無里の道 / ながさき / プロポーズ / 初雪 / 昨日よりごきげんでしたか
  • さめないうちに・・・ 1977.4.25
    メインテーマ / 1460日 / 目白通り / 双曲線 / 時の流れに / 朝顔(しののめぐさ) / ジン・ライム / 想い出話 / 喜劇通り / 星めぐり
  • かもめより白い心で… 1978.6.25
    口笛を吹かないで / 想い出づくり / ラブレターというミュージカル / 花いちもんめ / 一文なしのジョニー / SERENADE(セレナーデ) / 花吹雪ひゅうひゅう / 紙ひこうき / スパゲティ・ラグタイム / 仮縫い / かもめより白い心で… / 想い出をふりかえらずに
  • 水色の季節の風 1979
    白いプロローグ / 黄昏の街でさよなら / シベールの日曜日 / 泣きたいほどの海 / マッチを擦れば / ミステリー / 夕暮れの前に眠るな / リルケの詩集 / 水色の季節の風
  • シルエット 1979
    千登勢橋 / メランコリー・イエスタディ / かげろう坂 / ラブ・ソング / 冬の鳥 / びしょぬれワルツ / 愛に立ち止まって / ラストタンゴは一度だけ / いそしぎ / ミッドナイト・ララバイ
  • Bye-Bye 1981.1.25 - オリコンチャート最高35位[9]
    Lonely Girl / Bye-Bye / 手をふればさよなら / いらいらトワイライト / Because / あきらめてサンバ / 面影通り / 愛に流されて / 旅立ちのセプテンバー / One O'clock Rhapsody
  • LOST HOUR 1981.11.25 - オリコンチャート最高58位[9]
    天体望遠鏡 / Imagination Canvas / 渚を走るDolphin / Lost Hour / Once More / めざめ / 少年の風 / ローリング・ストーンズは来なかった / Evergreen(永遠に緑)
  • Image(イマージュ) 1982.5.25 - オリコンチャート最高50位[9]
    午前0時のシンデレラ / 私に賭けなよ / ドゴール・パーク / 火曜日にベルギーで / Self-portrait / 猫 / SIESTA(真昼の夢) / サウスポー・ベースマン / Attention Please / Jealousy
  • soft-i 1983
    Again / 晩夏 / One Way Game / 少年の日 / 星のTapestry / 恋遊び / Morning Moon / Cosmic Dancin' / 五年目の夏 / やわらかなまなざし
  • こんなに遠くまで来てしまった 1984.4.21
    あきらめてサンバ / ローリング・ストーンズは来なかった / 天体望遠鏡 / 火曜日にベルギーで / 恋遊び / Morning Moon / Lonely Girl / 一瞬の夏 / Self-Portrait / 五年目の夏 / Evergreen(永遠に緑)
  • 寝物語 1986.6.4
    少年の日の海~洲の崎へ / かもめよりも遠くへ / 流されて / ノンシャラン / 陽ざかりの午後 / アデュー( Adieu ) / 浪漫一夜(ロマンひとよ) / サライ・サライ・サライ / 冬のカルナバル / 千年の涙 / ラストワルツ / ロマネスク / 海鳴り / 冬なぎ
  • ペルソナ(仮面) 1987.9.05
    カミュート / ある日恋の終わりが… / 抱きしめて / シェルブールの雨傘 / 風のささやき / メリーナ / 私は一人片隅で / 夢の中に君がいる / 別離 / ジェラシー / 愛はかぎりなく / 愛のコンチェルト
  • 想いの届く日 1988.2.5
    涙の河に流しなさい / TO・N・DE・KE / おもかげ / カフェ・ニセ / アペーロ(雨の哀訴) / 君去りし夜 / 幸せの二分間 / カルナバルの朝 / サベルア / アマール・アマンド / ラ・ボエーム / 帰り来ぬ青春 / もう森へなんか行かない / 想いのとどく日

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1978年 想い出をふりかえらずに テレビ朝日系テレビドラマ「みずきの花匂うとき」主題歌
夕暮れの前に眠るな TBS系テレビドラマ「薔薇海峡」挿入歌
1980年 愛の行先 TBS系テレビドラマ「ダンプかあちゃん」主題歌
1981年 一瞬の夏 フジテレビ系テレビドラマ「一死、大罪を謝す」主題歌
1986年 冬なぎ 松竹映画「離婚しない女」主題歌

提供曲[編集]

すべて作曲のみ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h プロフィール 西島三重子オフィシャルサイト
  2. ^ a b c d e f 「西島三重子物語」1 西島三重子ファンクラブ「風」
  3. ^ [1] 西島三重子Facebook
  4. ^ 明治通りと交差する古き橋 40年前の昭和歌謡が物語る悲しき「目白の情景」とは 法政大学大学院 政策創造研究科教授 増淵敏之、アーバンライフメトロ、2019年11月28日、2020年1月15日閲覧。
  5. ^ 西島三重子 愛される曲でヒット再び! デイリースポーツ online 芸能
  6. ^ 「池上線」の西島三重子さん、作曲家としても定評 夕刊フジ ZAKZAK、2011年8月10日、2020年1月14日閲覧
  7. ^ 斉藤慶子の同名曲のカバー。
  8. ^ みなみらんぼうとのデュエットシングル。
  9. ^ a b c 1970-1989 オリコンチャートブック LP編 オリコン 1990年 ISBN 9784871310253、227-228頁

関連項目[編集]